仕返し 報復

報復が怖くて仕返しできないという結論に至る方は多いものの、実際のところ直感的にそこへたどり着いているだけであったりもします。
つまりはとことん方法を模索した結果としてではなく「あぁ、報復が怖いなぁ」と思ってしまったので仕返しができない、と言い換えることもできます。
結局のところこの手の結論に至った方というのは、残念ながら全ての方法を模索しきれていないということになります。

答えを先に言ってしまえば報復されない仕返しは第三者の手から実行することで達成することが充分に可能です。
もちろん私どものような復讐屋の手を借りるということは、それだけで費用が必要になってしまいますから選択肢から除外しているかもしれません。
しかし第三者というのは何も私どもを指す言葉ではありませんし、協力を得られる方というのは他にもいると思います。

第三者の定義というのは、自分側ではなくターゲット視点で第三者であるという考え方をするとスムーズかもしれません。
要はターゲットが何かされたとして、自分までたどり着けない人物に実行を任せることができれば報復はないのですから、上記の考え方で間違いありません。
友人関係であってもターゲットはその関係を知らないのであれば、ターゲットからすれば第三者ということになりますから選択肢として考えることができます。

ご自身がどれくらいご友人と深い関係かというのは私どもに分かることではありませんが、協力を得られ尚且つターゲットに関係性が露呈していないのであれば適任です。
全ての復讐において私どもにご依頼しなければならない訳ではありませんから、より難度の高い内容であったり、プロの手を借りたいということでしたらご相談頂ければと思います。
恨みというのは生きていく中で1度きりということでもありませんから、ご自分で解決できる分には解決すべきかと思いますし、解決できれば経験としてご自身の中に蓄積されます。

ただしご注意頂きたいのは、内容に満足いかないが自分たちで仕返しを実行できた、というのは結果を得られていないに等しい状態ということです。
あくまでも仕返しを実行できたか否かが重要なのではなく、ご自身の恨みが晴れたのかどうかというのが唯一無二の成功基準となります。
恨みが晴れていないまま時を経ると恨みが増大したりストレスによって心身が蝕まれたりもしますから、その点につきましてはご注意頂ければと思います。

私どもは恨みを持つ方すべての味方でありたいと思いますが、それを押し売りしようという考えは持ち合わせておりません。
が、少しでも復讐屋などのご検討をしているのであれば、有益なお話をすることができるかと思いますので、ぜひ無料相談窓口までご連絡頂きたく思います。