別れさせたい 相談

誰かを別れさせたいという旨をそう簡単に誰でも相談できるという訳ではないのは周知の事実です。
だからこそ一人で考えてしまい露頭に迷うというのがこの手のケースの一般的な結末なのですが、打開策というのはそこまで多くありません。

このようなケースをシンプルに考えると以下のようになります。

・ターゲットのカップルのうち、どちらを別れたいと考えるように仕向けるか
・どのような事象をもって別れを考えさせるようにするか
・その仕向ける工作行為を誰がやっていくか

いってしまえばこの3点に集約されていきます。

もちろん自分の思惑というのも考慮してそれを決めていかなければなりません。
自分がお付き合いしたいターゲットとなる人物がいるのであれば、別れた後にアプローチをする必要が出てきます。
にも関わらず自分でそのターゲットに対して「あなたの相手は浮気をしている」などと話をしていってしまうのは、後々の行動を考えると悪手になります。
この場合はターゲットの相手に対し工作を仕掛けるべきですし、逆にターゲットへこの手の工作をしかけるなら自分以外の誰かが実行すべきです。

このように思惑として持っているところを最終着地点として、その家庭で別れさせたい、別れさせる必要があるといいうのが別れに関する工作の典型例です。
私どもは復讐屋ですから恨みからくる別れさせたいという願望に対するご依頼をよくお受けしていますが、恋愛に関する別れさせというのも考え方は一緒なのです。

ただ極論をいってしまえば、第三者がきっちりとターゲットを破局に導き、そこをご自分でフォローないしアプローチ、あるいは復讐の追い打ちをかけていくのが理想かつ効率的です。
だからこそ私どもへのご相談が絶えず、ありがたいことに長い間復讐屋を営んでいけている理由なのかもしれません。

私どものことは置いて、もしお客様の中でご自分が別れさせ工作を実行してターゲットを破局に導きたいとお考えの方がいらっしゃるようでしたら、今一度お考えください。
自分の手で実行することを否定するつもりはありませんが、実際に別れさせた後の動きを邪魔する可能性はありませんでしょうか?
万が一そのようなリスクがあるのに、自分の手で別れさせてしまったら後戻りはできません。
そのようなリスク管理も含めて、私どもの別れさせ工作にご興味をお餅でしたらぜひ無料相談窓口までご連絡くださいませ。