別れ工作 メディア

先日のニュースでも話題になったこともあり、別れさせ工作というものが一時期だけかもしれませんが社会に大きく認知されている今日このごろ。
しかし別れ工作というは、あまり認知されておらずどういった違いがあるのかとお問い合わせ頂くことも少なくありません。
とはいえ違いとしてはご自分が別れたいのか誰かを別れさせたいのかという点だけで、私ども第三者が動く時には「ターゲットのカップルを別れさせる」ということに焦点を置きます。

ただし別れさせた後については別れ工作と別れさせ工作では大きな違いがあり、仮に今後メディアが同じものとして取り上げたとしてもご依頼を検討されるお客様においては、別ものと考えておいた方が良いかもしれません。
別れ工作は以下にトラブルなく相手とスムーズに別れるかがキモとなりますから、上手く別れてからはトラブル抑止の軽いアフターフォローとなりますが、別れさせ工作はそうもいきません。
何かしらの理由があるからこそ他人のカップルを別れさせるのですから、例えば付き合いたい方のカップルを別れさせるのであれば、そこから恋愛関係に進展する要素を予め布石しておく必要があります。
もしくは復讐として別れさせたいということであれば、相応の精神的なダメージがあるような流れにしなければいけませんから、ターゲットが理解もままならないまま破局したところで成功とはいえません。

このように別れさせた後の流れが別れ工作と別れさせ工作では違ってきますから、お茶の間の方からすればどっちも変わらんで良いものの、ご依頼を検討中のお客様においては違いをご理解された方が良いことかと思います。
もちろん私どもが主とするのは恋愛工作ではありませんから、あくまでもアフターフォローの違いでしかないものの、これを踏まえるかどうかでお客様のご満足度に関わってきます。
ということであれば当然考えるというのは私どもの方針ですので、必ずとはいいませんが別れさせ工作をご依頼される目的というものを共有して頂けるとスムーズかと思います。
逆にご教示頂かないまま別れさせて、思い通りにいかなかったという結末はトラブルの素になりますし、私どもも防ぎようがありませんのでお互いの為、とお考えください。
重ね重ね目的のご教示は必須ではないことを改めてお伝えしておきますが、上記のような事情もあるとお考え頂けると幸いでございます。