仕返し方法 復讐

仕返し方法は復讐に使えるか、というところに関してシンプルに考えれば使えると思って差し支えがありません。
結局のところ仕返しと復讐というのは行動の流れは同じであり、単に程度の問題で仕返しか復讐か変わるものですから、仕返し方法の程度を強めれば復讐になるという解釈になります。
ただし、その程度が強ければ強いほど成功させるための難易度というのも高くなってしまいますから、無闇やたらに程度を強くすれば良いということでもありません。

私どもは復讐屋として日々ご依頼を遂行し、日々ご相談をお受けし必要とあらばご依頼という流れを繰り返していますが、なんでもかんでも復讐屋に依頼することがベストだとは考えておりません。
それこそ象が蟻を潰すがごとく、やりすぎという結果も時としてご自分にとってデメリットとして跳ね返ってきたりするものです。
このような表現で例えるのもどうかと思いますが、分かりやすいので紹介しますと正当防衛と過剰防衛の差と似たようなところではないでしょうか。
正にやりすぎが罪になってしまう典型例となっていますし、それは復讐においても同様のことが言えるでしょう。

つまりはちょうど良い塩梅で復讐を実行し、それを成功させることが最もベストな形で恨みを晴らせる流れとなるわけです。
ちょっとしたイタズラ程度の仕返しで解決するような恨みに対して私どもが全力で復讐工作を実行し、ターゲットを叩き落とすというのはハッキリ申し上げてやり過ぎです。
かといってイラズラでは解決しないことをイタズラの実行をもって恨みを晴らそうとするのも、逆のパターンとして相応しくはないでしょう。
こういったところでも程度問題がありますから、復讐の世界はバランスというものが非常に重要であることが分かります。

さて、このようなバランスの他にもお客様は復讐屋をご検討される際に費用面について考慮しなければなりませんが、この費用と前述のバランスは密接に関係しています。
それもそのはずで難易度が高ければ時間をかける必要がありますし、簡単なものであれば即時実行というのも不可能ではありませんし、そのようなケースも実際にありました。
これらをまとめると、より適切な程度の復讐というものを決定して復讐工作を実行する方が私どもに限らず復讐屋を利用する場合は費用面でコストを抑えることができるわけです。
やはり何でもかんでも強い方が良いという訳ではないことが改めて分かりますし、私どもがバランスを重視している理由というのもご理解頂けたかと思います。

私どももボランティアではない以上、営利集団という側面も持ち合わせていますが、あくまでお客様と二人三脚で進んでいく味方であることが前提です。
どんなケースにおいてもより過激な工作を計画し、高料金を見積もれば良いという考えではありませんので、この考えに共感して頂けるお客様がいらっしゃいましたら、ぜひご相談頂ければと思います。