別れたい 勇気

『別れたいのに別れられない方は勇気が足りません、もっと勇気を振り絞って考えを相手にぶつけましょう。』などと書いている雑誌の記事があったら今直ぐ破り捨てろとは言いませんが、鵜呑みにしない方が良いでしょう。
そもそも別れられない方が恐れていることは勇気がどうとか、そういう精神的なところが問題ではなく別れを伝えた後の明確な被害の可能性が壁となっているはずで、これがほぼ100%ではないでしょうか。
万が一のリスクを考えているからこそ二の足を踏んでいるのであって、それがなければ今頃別れているわけで、勇気という言葉で片付けていい問題ではないだろうと私どもは声高に叫びたいところです。
が、私どもがとやかく言ったところで恋愛特集を大々的に組むような諸雑誌社が方針を変えるわけもありませんので上記の考え方に賛同して頂ける方だけこのブログ記事をお読み頂ければ幸いです。

さて、大前提として別れた後のリスクを危惧しているので別れられないという方が、お一人でこの問題を解決することは相当難しいと思った方が良いでしょう。
だからといって私どもが提供している別れ工作を全てのケースにおいてお薦めするわけでもありませんし、まずは中立的に物事を考えていきたいと思いますので諸々ご安心ください。

なぜお一人での解決が難しいのかといえば、ご本人が当事者であるからに他ならず、一人で何かしようとすれば裏目に出てしまう危険性が高いからです。
例えば別れたいからそれとなく別れを匂わせて相手にその気がなければ揉めてしまい、穏便な別れからは遠のいてしまいます。
かといって浮気相手でも見つけてこいと言うわけにもいきませんから、単独での解決は諦めた方が良いでしょうし、その方が解決が早くなると思った方が良いです。

そこで私どもの別れ工作に直結しないのは、特に利用しなくとも別れられる可能性がありますし、それを捨てさせるようなことをお伝えするのは「お客様の味方である」という私どもの理念に反するからです。
相手が既に別れたいと思っていたり、そのような気持ちがあるかどうかというのは交際しているご本人ではなく友人経由などの方がリスクも低く簡単に聞き出せたりもするものです。
そのような可能性があるのであれば候補となる友人に相談をすることも選択肢として考えるべきで、何も選択肢がないという場合には直ぐに私どもへご相談されるのが良いかと思います。
私どもの別れ工作はご依頼者様の手を煩わせることなく相手から別れの旨を言わせることを目的として動きますので、リスクの面でいえば最も低いといって差し支えありません。
私どものサポートが必要、と感じられた場合はどうぞお気軽に無料相談窓口までご相談くださいませ。