復讐 方法 電話番号

復讐方法をお客様と模索する際に電話番号など、連絡先を知っているので復讐の際に役立てて欲しいとご提示いただく場合がありますが、実のところ連絡先情報というのはあまり有用ではありません。
もちろん最後のトドメといいますか、全く利用しない訳ではないのですが連絡先だけを使って復讐工作を試みると大概のケースで法に触れるリスクが発生するため私どもは好んでいないというのが実情なのです。

復讐屋の存在が一般的に明るくなるのは決まって法に触れた工作を実行してしまった質の悪い業者が摘発されたというようなニュースになる時です。
その手の話で決まって出てきるのが無言電話や迷惑メールなど連絡先を業者なりに有効活用してしまい、法に触れてしまったという内容になっていますし、これ以外のケースを見たことがありません。
1つの連絡先に対して執拗に連絡を入れるというのは、それだけで法に触れる可能性となりますし、一般的に度が過ぎる回数の連絡を入れれば明らかに法のラインを超えることとなります。
実際に何回なのか、というのはケースバイケースとなっているようですが内容が過激であれば1回でアウトですし、内容に問題がなくても生活に支障をきたす回数ならそれもアウトです。
私どもは法のラインを厳守しますが法律の専門家ではありませんから、このように曖昧な線引きで可否が決まるものを嫌います。
ですので連絡先だけ頂戴しても、ある意味困ってしまうという状況になってしまうのです。

しかしものは使いようで何かしら決定的な場面を記録した媒体を送りつける際に利用したりという際に連絡先があると非常に助かるというのも事実です。
もちろんなければないで直接伝えれば良いですが、メール1通送るのと工作員を派遣して口頭で伝えるのではコストも断然違いますからお見積りも変わってくることでしょう。
このような点で見れば連絡先を把握しているのであれば費用がお安くなるのでお客様としてもメリットかと思いますが、復讐方法としての活用に関してはお客様と考えが違うということが多いかと思います。

復讐方法の構築において最重要ポイントというのは法的なリスクを侵さずお客様の望む復讐成功へと導くことのできるメソッド構築です。
望まれる結末になっても法に触れていればお客様のリスクになりますし、安全な方法でもお客様が満足されない結果であれば成功とはいえないでしょう。
だからこそ連絡先のみで復讐をするということを私どもは考えないと共にお薦めもしていないというのが私どもの見解なのです。