復讐方法 女

復讐方法において「女だから難しい」という考え方は全くもって不要ということは私ども復讐屋の立場から断言できます。
むしろ各性別だからこそ享受できるメリットが多分にありますので、それを強みとして復讐方法を練り上げるべきでしょうし、私どもも性別を度外視している訳ではなく傾向としてプランを練ります。
ただ男にはこれ、女にはこれといった大雑把なものではなく、ターゲットの男性がこのような経緯で恨みを持たれているからこのような方法が適切ではないか。
もしくはターゲットの女性はこのようなことが原因で恨まれているので、逆手にとって弱点を突いてみようといった具合に、傾向ひいてはパターン化される際の一番大きなところで性別というものが出てきます。

上記は男女の話ですが、それに限らずLGBT層やセクシャルマイノリティと呼ばれる方たちにも多分に適用できることで、それぞれの持つ大まかな性質からターゲット個人が持つ細かい性質までを網羅してプランを練っていきます。
ターゲットおよびご依頼者様の性別というのは、これ以上に追求をしないところですし、結局のところ私どもが実行した復讐工作によってお客様の恨みが晴れるかどうかが重要です。
もちろん女性が好む復讐の結果、男性が好む復讐の結果という傾向もありますし、工作を実行する際に工作員が性別を活かした内容でターゲットに接触していくということもあります。
が、やはり悲観的に見るようなことではなく傾向でありパターンであり、強みを活かしているにすぎませんからデメリットがどうのという話でもありません。

こと恋愛に関する原因によって恨みを持たれている方は自らの性別をスケープゴートにして悲観的な感情に陥りやすいといったような統計が私どもの中であります。
これは多くのケースで恋敵となる同性(あるいは同じ性的嗜好)が存在し、恋愛対象を奪われてしまったという事実、もしくは可能性が頭の中にずっと残っているからということだと思います。
それらのマイナス要素を復讐工作をもって解消していくというのが私どもの仕事ですので、恨みを持たれた原因というのはとても大事ですが、これをお話したくないというお客様も現実問題としてあります。
そのようなお客様に対して私どもが根掘り葉掘り聞くようなデリカシーのない行為をすることはありませんが、お伺いできない情報がある場合は、工作をした際にたどり着く想定を提示し、それでご満足頂けるか?というのを聞く必要があります。

このようにお客様の要望によってもケースバイケースとしかいえないほど多岐に渡る分岐をしていくのが復讐工作であり復讐方法ですので、ご自分の手に負えない可能性を感じた際は、どうぞお気軽に無料相談窓口までご相談くださいませ。