仕返し 復讐

復讐と仕返しというのは言葉の発音とご本人の心理状況や実行するものの程度くらいしか違いがなく、何をするかという手段についてはほとんど変わりがないものとなっています。

つまりは私どもに工作をご依頼された場合、目的が仕返しでも復讐でもやることは変わりませんから、計画の流れというものにも変化はありません。

もちろん程度問題はありますから仕返しのほうが程度は弱め、復讐なら強めということにしないと所謂「やりすぎ」ということになりますので、そちらは変化をつけています。

が、結局のところやることは変わりませんし、私どもとしては仕返しであろうと復讐工作という立ち位置に変わりなく、程度問題は別としてどちらのご依頼も等しく対応させて頂いております。

仕返しだからといって工作に用いる手段自体を軽くしてしまうと、それは満足いく効果をご提供できないという結果になってしまいます。

これは実行者が第三者である私どもになってしまうことが最大の理由で、例えばイタズラというのは顔見知りにされるからこそムカッとくるもので、見ず知らずの相手にされると怒りよりも先に「何が起きた?」と不可思議な感情が生まれてしまうものです。

仕返し程度という言い回しがありますが、復讐程度とは言いませんし、また復讐で用いる手段=仕返し程度の行為という結びつきにはならないはずです。

明らかに軽い手段と重い手段なので違うとご想像いただけると思いますし、前述のターゲットが抱く心理状態を合わせると、ご依頼内容が例え仕返し程度であろうと、手段を軽くしてしまうことはできないわけです。

だからこそ私どもは仕返しであろうと復讐であろうと取るべき手段は同じと考え、手段そのものではなく実行の強さを加減するという方策をとっています。

これによってお客様と齟齬が発生する可能性の高いこととして、工作内容をご提示したしたときにパッと見「こんなに過激なことをするのか!?」と驚かれるケースというのが実際にもありました。

もちろん実行の程度を弱くしますので結果としてお客様が希望される着地点に向かうことができるのですが、ここは過激すぎると誤解されてしまう可能性も確かにあるのです。

しかし結果そのものから、程度までご希望通りにプランニングするためには、このようなことも必要だということをご理解いただけますと幸いです。

私どもは復讐屋として、仕返しから復讐、各種制裁なども請け負っております。

ご興味がございましたら、またはご検討中の場合はぜひとも無料相談窓口までご相談くださいませ。