仕返し方法 躊躇

仕返し方法を考えたものの実行を躊躇してしまうケースは2通りのパターンが考えられます。

1つは報復を恐れての躊躇で、自分で実行すれば相手に自らの姿が見えてしまいますから躊躇するのも当然かと思います。

もう1つは仕返しを実行することによる罪悪感などが意識にあるが故に、実行を躊躇してしまうというパターンです。

前者についてはリスクを危惧しており、後者については心理的な要因からという違いがありますので解決方法もそれぞれ違ってきます。

リスクが原因となっている実行の躊躇には、そのリスクが現実になってしまう可能性をゼロに近づけることが有効です。

当たり前の話ではありますが、これがシンプルかつ最も効果的な解決策なので、それについて何ができるかを考えると良いでしょう。

例えば相手に対する直接的な仕返しではなく、間接的に効果を及ぼすような計画にするだとか、実行を他人に任せるなどが挙げられます。

要点としては相手に対して「自分が仕返しをした」と認識できなくすることによってリスクは消滅していきます。

次に罪悪感など心理的な作用で躊躇しているケースというのは、そもそもの恨みが小さい場合に多く見られるもので、これはご自分の心理状態、噛み砕けば気分で解決策を決めていく必要があります。

・実際の恨みよりも仕返し方法が大事すぎるので計画をもう少し軽いものにする
・仕返し方法の内容が法に触れないまでも倫理的に悪とされる方法なので誰が見ても正当と言われる仕返しの内容に改変する
・そもそも仕返しするほどのことではないので放っておく

私どもは復讐屋ですので最後の放っておくというのは若干どうかと思いますが、これも一つの選択肢であることは間違いありません。

このように理由と対策が非常に細かく分かれていくのが心理的に躊躇しているケースですので、まずは「何が心に引っかかっているか」を探し出すところからスタートすると良いでしょう。

そして原因が分かればそれに対応した対策をすれば良いだけですからスムーズに進むはずです。

結局のところどちらのケースにおいてもご自分で実行する、つまりは経過から結果まですべて自己責任かつ自分で見ているというのが躊躇をする原因であったりもします。

よほど憎い相手であれば私どもの復讐工作をご利用いただくのも選択肢かと思いますが、軽い仕返し程度まで是非というわけにもいきません。

もちろん求められる結果に対して全力で工作を進めるのが私どもの工作ですが、費用の問題もあるかと思いますから、そこはバランスだと考えております。

自分のケースにおいてはどのようなことができるか、またどのようなものが望ましかわからないというお客様もご相談に乗っておりますので、お一人で判断つかない場合はお気軽にご連絡頂ければと思います。