別かれさせたい 離婚 神社

縁切り神社というものもあるようにカップルを別れさせたい、離婚させたいといった願望を持つ方は少なくありません。

しかし願っているだけで叶うのかといわれれば、それは果報を寝てまっているようなもので、たまたまターゲットにトラブルが発生したと見るべきでしょう。

もちろん神頼みや呪いといったものの類を否定することはありませんが、私どもは別れさせ工作を提供している業者ですから、当然ながらそちらをお薦めします。

単にお薦めするだけではなく、両者には明確な違いというものがありますし、今回はその根拠などをお伝えしていきたいと思います。

元より効果云々ということは置いて、縁切り神社にお参りする、別れさせる呪いをかけるといった行為は、一見自らが行動しているように見えますが、非常に受動的な動きと言わざるを得ません。

なぜなら行動はしているものの、ターゲットに対して直接的に作用しているものではなく、あくまでも効果が出るのを待つ、つまりは受け身の動きということになってしまいます。

だからこそこの手の方策というのは「いつどのような形で効果が現れるか分からない」というデメリットがたしかに存在しています。

ですので今直ぐにでも効果が出ないといけないというリミットを決めている方にとっては、このデメリットが非常に大きなものとしてのしかかってしまいます、というか選択肢が間違っています。

対して別れさせ工作というのはお薦めはしませんがご自分で動かれるにしても、私どものような代行業者、工作業者に依頼するにしても、ターゲットに直接的な行動をとっていきます。

誤解しないで頂きたいのは工作においてどんなケースでもターゲットと接触する訳ではなく、間接的に動くようなことの方が多いですが、実行者が主導権を握りコントロールを試みるという点に注目してください。

あくまでもしっかりとした方法論に基づいて今日にでも別れさせることが可能なプランがあれば、ご自分の意思で好きなタイミングで別れさせることができる、非常に能動的な動きになってくるのです。

もちろん相手は人間ですから、何から何までコントロールできるわけではないものの、自分たちのプランにターゲットの動きを乗せるために工作をしているのですから、ただ待っているということではないことが明白です。

これらの違いをご理解いただき、ご自分の心内に従って適切な方法を選択されることが、ご自分の願望を叶える為のステップの1つということは間違いないでしょう。

私どもは神道や呪術というもののエキスパートではありませんが、対人工作のエキスパートであることは間違いありません。

別れさせ工作を実施し、自らの手によって望みを手繰り寄せたいとお考えでしたら、どうぞお気軽に無料相談窓口までご相談頂ければと思います。