別れさせ工作 離婚

別れさせ工作というものはカップルだけに適用できるものではなく、夫婦を離婚させるということも可能です。

実際にそのようなご依頼を受けたこともありますし、考え方として別れさせる=カップルという範疇に収まらないものと受け取って頂ければ幸いです。

別れさせるという言葉通りとは言えないかもしれませんが友人関係なども対象にできますし、何かしらの関係性を断つという目的が別れさせ工作の主旨となってきます。

離婚を目的とした別れさせ工作の場合、重要となるのは当然ながらターゲットとなる夫婦の状態となってきます。

極端な話でいえば冷めきった関係の夫婦であれば、そこに少しだけヒビを入れるだけで離婚に至るのは容易に想像できますし、逆もまた然りということです。

これが難易度に直結していきますし、工作に要する期間というのも夫婦の状態によって基本的に左右されていくものとなります。

例外的なケースとしては冷めきった関係で別居しているような状況ではあるが、双方がコンタクトを一切取りたがらないような状態だと、一手を指すのは簡単ですがその一手までが遠いので難易度は上がります。

またご依頼者様が本来の目的を達成するために離婚の流れをご指定される場合においても、状況によっては難易度が高くなる可能性もありますので、やはりケースバイケースということになってしまいます。

この手の別れさせ工作というのは、別れさせて終わりというケースは殆どありませんから、お客様がどのような結末を求めて別れさせたいのかを共有して頂くというのも重要なポイントとなってきます。

もちろんお話したくないという場合もありますから、必須情報ではないもの、事前に把握していればスムーズな流れをご提供できるというメリットがありますので、共有をお薦めはしています。

どのようなケースにおいてもお客様のご意向を可能な限り優先させていますので、この辺りは任意とお考え頂ければ幸いです。

とはいえ情報があるに越したことはありませんし、お見積りにおいても優遇できることも多いですから、やはり利点を得て頂くために必要なことはお願いしているということになります。

一言で別れさせ工作といっても、これまでに全く同じ動きをしたケースというのはありません。

全てのケースにおいてお客様、ターゲットなど様々な要素を考慮して最適なプランを組み上げるという工程を得て工作実行となっています。

その点を踏まえると過去の事例をお伝えするというよりもお客様の状況をお伝え頂き、どのようなことが出来るかご提案することがお客様にとっても最善かと考えております。

誰かを離婚に至らせたいとお考えでしたら、是非ともご相談頂ければと思います。