別かれさせたい 占い

こと恋愛と占いというのは度々ペアになるものなので、別れさせたいときも同様なのか・・・というと、個人的な見解でいえば否となります。

そもそも恋愛と占の相性が関係してきますから、一概に占いを全否定する訳ではなく、あくまでも別れさせたいという意思と占いの相性は悪いのではないかという意見です。

もちろん根拠あってのことですので、せっかくですから私どもがご提供している別れさせ工作との違いも含めてご説明していきたいと思います。

まずどうして恋愛と占いは、一般的に知られているように密接なものとなっているかといえば、誰かと付き合いたいというベクトルの恋愛と占いは非常に相性が良いからです。

当たるも八卦当たらぬも八卦という言葉がありますが、占い師の方へは暴言になってしまうものの恋愛占いというのは当たらなくともメリットが明確にあります。

それは恋愛をしたいという意識をより前向きにすることができるというもので、恋愛占いを受けて心のそこからネガティブな感情になった方というのは皆無であろうと思います。

仮に占い師から「あなたと相性が最悪だから諦めろ」と言われても、心の中でそんなことはないと考え逆にハートが燃えていくのではないでしょうか。

理論的に恋愛を俯瞰すれば、結局のところ精神の前向きさが誰かと交際することにおいては重要ですから、当たろうが当たるまいが関係なかったりするのです。

では誰かと付き合うために別れさせたいという恋愛感情についてはどうでしょうか。

結論は前述の通りなのですが、前向きになったとしても別れさせる方策が浮かんでこなければ占いも全くの無意味といえる状況になってしまいます。

単純に交際を求めるのと、別れさせてから交際を申し込むのでは一手間どころか全く別の次元の思考が必要となってきてしまうのです。

どれだけ自分が前向きになったところで相手に対して有効打が出てこない限りダメというのは同じですが、交際相手の有無はそれ以上の障壁となってしまいます。

もちろん前向きになったからこそ良い案が浮かんでこないとも言えませんが、別れさせるというのは意中の相手の更に交際相手のことも熟知していないといけません。

そういった面からも自分がどれだけ前向きになったところで、知りもしない相手との交際を果たして断ち切れるのか、ということになるでしょう。

だからこそ私どもが別れさせ工作を実施する時には、お客様の意思とは無関係にターゲットのカップル双方の状態を把握し、最適な形での別れを演出できるように計画を練っていきます。

ここが占いと別れさせ工作の大きな違いで、占いの主役はご自身であって、別れさせ工作の主役もご自身ではありますが、動くのは私どもで動かされるのはターゲットのカップルとなりますから、行動概念からいえば主役はターゲットです。

悪く言えば蚊帳の外ということになるかもしれませんが、待っている間にターゲットのへのアプローチを考え、別れてから実行するための準備期間だと思って頂けると幸いです。

このように占いと別れさせ工作は全くの別物であり、別れさせるということにおいては別れさせ工作の方が相性が良いのではないかと私どもは考えております。

当然ながら別れさせ工作を実施しているからこその発言ではありますが、このように根拠もありますので、ご検討されているお客様につきましては是非前向きにご相談くださいませ。