恨みを晴らす 復讐

復讐は恨みを晴らすためにするものであって、復讐自体が目的となってはいけないものです。

言葉にすると当たり前のことですが、実際は目的が復讐になってしまっている方というのが大勢いたりします。

もちろん復讐が目的となったとしても成功すれば恨みが晴れる訳ですから、どうでも良いではないかと思う方もいらっしゃることでしょう。

ここでは何故それではダメなのかというところをお話していきたいと思います。

まず目的が切り替わってしまうこと自体のデメリットというのは私どもの考えとしてはありません。

恨みを晴らすことよりも復讐そのものが軸となってしまっても、当初の目標はクリアできる訳ですから切り替わることについは特に不都合がないと思います。

しかし注意すべきなのは、そこではないからこそ私どもとしても継承を鳴らしているのです。

もっとも注意すべきなのは復讐が目的になってしまうと、より過激な手法を好む性質になってしまうというが非常に大きなデメリットといえるでしょう。

復讐方法が過激になるというのは様々なリスクがあり、例えば過激な方法ほど法に触れるリスクが増えます。

それだけに留まらず過激な方法ほど復讐そのものの難易度が上がってしまいますから、当然ながら成功率も低くなるというのは問題になってきます。

また難しいことなら復讐屋に任せるという選択肢もありますが、難易度が高ければコストもかさみますので、良いことが何もないのです。

本来の目的は恨みを晴らすことであって復讐をすることではありません。

恨みを晴らすということにフォーカスすれば、必要以上に過激な方法をとる必要もありませんし、無駄なくシンプルに進めることができます。

更にいえば復讐が過激になってしまうことは「やりすぎ」という結果を生むことになり、これもデメリットの1つといえるでしょう。

やりすぎて何が悪いのかと思われるかもしれませんが、世の中には正当防衛と過剰防衛という同じ経緯なのに「やりすぎ」てしまった結果が生んだ2つの違う言葉が存在します。

元々は悪くないのに悪くなってしまう、それが「やりすぎ」が生み出す結果ですし、復讐においても同じことがいえるのです。

私どもは復讐屋を営んでいますから、復讐を生業として商売をしている集団ということになります。

しかし商売を繁盛させるために、わざと過激な方法をもって復讐工作を実施しようという考えは持ち合わせておりません。

あくまでもお客様の恨みを晴らすためにシンプルかつ最短ルートでの工作を実施することを軸としておりますので、その点をご了承頂けますと幸いです。

また、このような考えにご賛同頂き、復讐工作を検討されているという場合は是非とも無料相談窓口までご相談くださいませ。