好きな人と別れる方法

否応なしに別れざるを得ない、つまりは好きな人と別れる必要がある時に方法が浮かばない、そもそも別れたくないとお考えになっているケースが先日ありました。

私どもとしても胸が痛むような話をお伺いしましたが、流石に詳細をお伝えすることはプライバシーに関わりますので割愛しますが、このようなケースでもキッチリと別れる方法というのは確かに存在しています。

が、このような状況ほど難しいものはありませんし、一人で対応できるもでは決してないと思った方が良いでしょうし、何より一人で解決できるのであれば実は別れられるではないか、ということになりますから。

前述のようなケースにおいて最も堅実な手段は、第三者の手を借りて別れに踏み切っていくことで、これは私どものような別れの工作を実行する業者だけではなく、ご友人なども含まれると思って差し支えありません。

具体的に一例として対応法を申し上げるならば手順としては大きく分けて3つのステップが存在しています。

1つは一切の連絡手段を封印することで、これにより今まではできていたスムーズな連絡というのを断ち切ることができます。

字面で書くのは非常に簡単なことですが実際にこれを自分が実行しようとすると、なかなかできないようなことであるのは間違いありません。

だからこそ第三者の手を借りた方が確実ですし、堅実な選択肢ともいえますので一思いに消してくれと頼んでしまうのが良いでしょう。

2つ目はお相手へ別れる旨をしっかりと伝えるということで、こちらも第三者が務めた方が確実にことが進むでしょう。

そもそも別れたくない相手に対して別れを告げるわけですから、そんなことが本人にできるのであれば既にしているでしょうし、そもそも本当に別れたくないのかも分からなくなってしまいます。

既に1つ目のステップを踏んでいれば、お相手が拒否しようと連絡も取れなくなりますから、この手順がステップ2であることは意味を持っています。

そして最後にお相手を探さない、コントタクトを図ろうとしない努力、もしくは助力を受けることが最後のステップであり、あとは時間に任せて解決を待つと良いでしょう。

もちろん私どもが別れ工作を実施する、ということになれば一切の甘えや余地を持たせずにキッチリと別れさせますから、このステップは省略となります。

ですので必ずしも進むべきステップではありませんが、ご友人などの協力でここまできたのであれば、必要な項目かもしれません。

と、あくまで一例ですが好きな人と別れる方法にはこのようなステップがあり、これらを考える必要もなく遂行するのが私どもの別れ工作であり、それこそがプロの仕事だと考えております。

私どもでないと難しいわけではなく、ご友人の協力があれば不可能ではないケースでもありますので、必ずしも私どもにご相談くださいとは申しません。

しかしプロの手によって一切の妥協なく別れる方法を模索されているのであれば、無料相談窓口まで是非ご相談くださいませ。