恨み 憎しみ

恨みや憎しみという感情はただ待っているだけでは解消する可能性がない感情です。

これは過去の記憶がネガティブな内容のものほど色濃く残りやすいという性質だからで、幼い頃に誰かに叱られている記憶が残っている方は多いのではないでしょうか。

トラウマという言葉にも置き換えられますし、かといって幸せな記憶がいつまでも残っている、要するにトラウマの対義語のようなものは存在しないことからもご理解いただけるでしょう。

このことからも分かる通り、ネガティブな感情である恨みや憎しみというのは簡単に拭いさることはできず、ある種のショック療法が必要となってくるわけです。

それが今回のケースにおいては復讐であり、私どもは第三者の観点から復讐を実行、サポートするプロとして復讐屋を営んでいる存在となります。

とはいえどんなケースにおいても私どもが動くことが最善ということではなく、自らが動くことによって解決した方がメリットの多いケースもありますから、私どもは万能の存在ではありません。

あくまでもご自分ではなく第三者が動いた方が良いというケースにおいて最も効果を期待することができるのが私ども復讐屋であるというような解釈の仕方が良いかもしれません。

これは自虐ではなく恨みや憎しみを持った経緯、ひいては復讐の方法に至るまでケースバイケースであると私どもは常にお客様へ対してご説明申し上げております。

つまりは数ある選択の中の1つである「復讐屋を利用する」というのも全ての最適解ではないということになりますし、選択すべきものもケースバイケースであって当然のことなのです。

もちろん私ども復讐屋というのは対応できるケースが多いのも事実ですので、常に最適解ではないものの比較的様々なケースにたいしてご利用いただくことも可能ではあります。

お客様が復讐屋を利用するにおいて享受できるメリットというのもケースバイケースの原則に基づけば、ご自分の状況に応じてメリット・デメリットが変動してくるのは間違いありません。

ごく近しい人物に対して復讐をしたいのであれば、自分とは関係がない第三者に動いてもらうというのは非常に大きなメリットとなりますが、距離感が遠いターゲットであれば大したメリットではありません。

私どもも復讐屋という業者として運営をしている以上は費用を頂戴することになりますので、その点がデメリットとなる方も多分にいらっしゃるわけですが、例えば離婚後に慰謝料を受け取り、さらなる復讐の為に復讐屋を利用するという場合には予算が既に確保されているようなものですので、そこまで大きなデメリットにはならないわけです。

このように今現在の状況がどのようになっているかでご自分が受けるメリットというのは変わってきますので、業者による復讐をご検討されている場合は一度無料相談窓口までご相談頂ければと思います。