別れさせたい 好きな人

好きな人が現在交際しているので別れさせたいというご相談は度々いただきます。

当然ながらその裏には自分と交際したいという考えがありますので、方向性としてはそちらに向けて私どもも動いていくこととなります。

ただしどのように動いていくかというのは、ご相談いただくまでご自分がどのような動きをしたかによっても柔軟に対応していく必要があり、必ずしも方法論は1つではありません。

事例として最も難しかったケースの中の1つをご紹介したいと思いますが、意外と当てはまる方が少なくありませんので注視して頂ければと思います。

なぜ最も難しいと言い切れるかといえば、ご自分であれこれ別れさせる為に周囲へ嘘の噂などを吹聴したり、好きな人に対して無計画にアプローチをかけつづけた挙げ句、面倒な人物と思われているような状況であったからです。

要するにマイナスの好感度からスタートということになりますし、状況は最悪、単に別れさせるだけではどう考えてもターゲットとの交際が叶うはずもない状態からどう動いていくかという話になります。

このケースで私どもが使用したケースは「ご依頼主様がついた嘘を本当にしてしまう」というタイプの工作を重ね、結果としてカップルは破局、上手くターゲットとご依頼主様は交際をスタートすることができたようです。

あくまでも今回のケースに適用できただけで、実現できそうにもない嘘を噂として吹聴していたら場合によっては依頼をお断りしていたかもしれません、というかお断りしていました。

上記の1点が重要なポイントの1つで、ターゲットからすればご依頼主様は嘘つきから本当は自分の為に真実を伝えてくれた人という印象に変化しており、ギャップを生んだことによって交際への弾みにもなっていたようです。

もちろんターゲットが「その手の性格」であったからこそ上手くいったのであって、どうしても似たようなケースであっても必ずこのような流れで上手くいくとは限りません。

このようにケースバイケースの対応を上手く当て込んでいくことで別れさせ工作というのは進行していきます。

事例を上げればキリがありませんし、ご相談者様それぞれに最適なプランというものがありますので、お悩みの場合はまずご相談いただくことをお薦めしています。

長い時間を悩んでいるだけで解決できれば私どもは必要ありませんが、そういうことにもならないからこその無料相談窓口ですので、お気軽にご連絡頂ければと思います。