恨み 自分

恨みは自分を蝕んでいくものとして、私どもは早期の解消を強くお薦めしています。

ネガティブな感情というのは時間が経過しても消えることはなく、こともあろうか大きくなってくることが殆どです。

消えたと錯覚している方もいらっしゃいますが、きっかけさえあれば不意に思い出しますので、あくまでも忘れているだけであり恨みは更に成長していくことでしょう。

つまりは根本的な解決の為には何かしらの行動を起こさなければならず、私どもはそのお手伝いをしているとうスタンスなのです。

だからといって何でもかんでも私どもの復讐工作をご利用くださいと言いたいのではなく、ご自分ではどうにもならなさそうだとご判断された時にご検討いただくのが良いかと思います。

ただしアレコレ無計画に行動されるというのはお薦めしておらず、逆に自分の首を締める結果となってしまう事が多いですので充分にご注意された方が良いでしょう。

ではどういう基準でどうにもならないと判斷すれば良いのか?という点については、恨みを晴らすための計画、つまり復讐計画を立ててみるのが最も早いです。

自分が恨みを晴らすためにはどういう結果が望まれるのか、そこにたどり着くためには何が必要なのか、などなど結果から逆算するように計画を立ててみるのが理想的です。

計画を立てている最中に「これは自分でやるには無理だ」と感じるところが出てくるケースがありますが、これが私どもの工作をご検討いただく基準となります。

なにも無計画な行動でご自分の首を締める必要などなく、ご自宅の中で充分に判断できるようなことですので是非ともお試し頂ければと思います。

このアプローチはメリットも多く、私どもにとってもご自分にとっても良いことが非常に多いものです。

例えば何も行動していませんから今よりも状況が良くなる訳ではありませんが、状況が悪化してしまうということも、時間経過で恨みが大きくなるという点を除いてありません。

状況が悪くならないということは、復讐工作をご依頼された際の難易度も上がらないということですので、実際にご依頼いただく際にも費用は安くなりますし、私どもも動きやすいのです。

これが逆に無計画な行動によって状況を悪くしてしまうと難易度が上がりますから、私どもとしても成功率が下がる、費用を沢山頂戴する必要があるなどデメリットばかりになってしまいます。

計画性をもって復讐にあたるというのは、このようにとても重要ですので、私どもへのご依頼をご検討されるかに関わらず、事前の復讐計画を強くお薦めします。