いじめ 仕返し

いじめを原因とした恨みなどネガティブな感情というものは、仕返しによって解消することができるのかといえば否となります。

仕返しという言葉の使われ方を考えて頂きたいのですが、誰かに評判を下げられたんで仕返しとして下げ返すなど等価交換によって成立する行為です。

では「いじめ」による恨みというのを「いじめ」によって仕返すことはできるのかと考えれば否ですし、そもそもいじめのような凄惨な行為というのは同じ量を返すだけで恨みを晴らすことはできません。

例えばどこかのコミュニティでいじめを受けたとして、相手がコミュニティを抜けるだけで恨みが晴れるでしょうか?

当然ながらそれだけで恨みが晴れる訳もなく、よりキツイ仕置きをしないと気がすまないでしょうから、必要なのは仕返しではなく復讐ということになるのです。

今よりも甚大な不利益をターゲットに被ってもらわないことには気が晴れませんから、仕返し以上のものを用意しなければいけないのです。

どのような不利益が良いのかというのは既にご自分の中で固まってきているはずですので、それを言葉にできるようになれば復讐の計画はスタートします。

私どもにご相談いただく場合においても明確に目的が決まっているかどうかというのは、工作の実行やご依頼の際にとてもスムーズな効果をもたらしますので、一度お考えになってみることをお薦めします。

ご自分で復讐をされる場合においても明確な目標は計画性のある行動に繋がっていきますから、なにかとメリットも多いかと思います。

ここでご注意頂きたいのは「何をするにも合法的な行為であること」というのを充分にご考慮頂いた方が良いでしょう。

私どもの方針としても合法的な行為のみで復讐工作を構成するというのは重要なポイントで、私どもはならず者ではありませんし、法律を守る義務があります。

復讐屋という一般的にはダーティーなイメージがある集団を運営していくことができているのも、合法的な行為のみにフォーカスしているからで、このようにネットでブログなども公開できるわけです。

ですので復讐工作であろうと無謀なことは致しませんし、この方針こそがお客様からもご評価を頂いているところです。

どのように合法的な復讐をすれば良いかわからない、そんなお悩みがありましたら是非とも私どもにご相談頂ければと思います。