別れる方法 二人

スムーズに別れる方法というのを当事者2人の視点からどういう展開が考えらえるか、またどうすればスムーズに別れることができるかを考えていきたいと思います。

まずご自分とパートナーそれぞれの視点で別れる際の展開を列挙していきたいと思います。

破局というのは結局のところ、

・ご自分から別れを告げて相手が拒否反応を示す
・相手から別れを告げてご自分が拒否反応を示す
・ご自分から別れを告げて相手が承諾する
・相手から別れを告げてご自分が承諾する
・どちらが別れを告げることもなく自然消滅する

この5パターンに分類されるのは誰もが否定しようのない事実であることには間違いありません。

そしてご自分が別れたいと思っている以上、ご自分が拒否する選択肢はあり得ませんから、ご自分で別れを告げて相手が拒否する展開しかトラブルの可能性というのは残っていません。

だからといってトラブルの可能性は20%なのかといえば違うわけで、高い確率で相手が拒否する未来が見えているからトラブルの懸念をされているというのも間違いの事実でしょう。

ですのでスムーズに別れたいのであれば、他の展開を考えていかなければならないということになります。

しかし自然消滅というのはお互いがお互いに興味を示さなくなり放置する状況が必要ですので今回の選択肢としては不適切でしょう。

となると結局は「相手から別れを告げて自分が承諾する」という展開を引き込んでいかない限り、お悩みが解消することはないという結論に至るわけです。

このような結論となるからこそ私どもの別れ工作は、如何に相手から別れの言葉をいわせるか、というところを軸として各種工作活動を進めていくという形になります。

トラブルの可能性があるのであれば、可能性を低くしていくのではなくトラブルの根本を断ってしまうとも言い換えることができるでしょう。

相手が別れたいと決意したらご自分はYESの答え以外持ち合わせていないのですからトラブルが起きようもありません。

シンプルかつ明朗な答えですが、これをご自分だけの力で模索しようとしても非常に難しい問題の連続ですので、お考えを否定することはしませんが止めた方が良いでしょう。

この選択が取れるのは私どもがカップルの当事者ではないからで、当事者がこれを模索するというのはトラブルの可能性を増やすことに他なりません。

万が一そのような行動を取っていることが露呈してしまえばトラブルの可能性どころかより大きなトラブルが発生してしまいますから、それなら素直に自分から別れを告げてトラブルに発展した方がまだマシでしょう。

どちらが良いかというのは正にケースバイケースですので事前に答えが用意されている状態ではありません。

お悩みの方がいらっしゃいましたら、また別れ工作も視野に入れてご検討されているのであれば私どもの無料相談窓口を是非ご活用ください。