恨み 方法

恨みを晴らそうと方法を探しているうちに、いつのまにか恨みを晴らすことよりも恨みを晴らす方法を探すことが目的になってしまうことが多々あります。

要するに手段が目的になってしまうというケースですが、これは恨みを晴らすことを漠然と考え過ぎてしまい、その方法を探している間に見聞きする内容に目移りしてしまうからです。

「恨みを晴らす」というのは目的でありつつも漠然としており、誤解を恐れずにいえば具体性がまだ足りていない状態であると私どもは考えております。

具体的がある状態というのは「ターゲットを○○して恨みを晴らす」という流れでターゲットに対してどんな願望をもって、それを叶えることで恨みが晴れるか明確になっている状態を指します。

この○○というのは人によって恨みが晴れる基準というのも違う以上、一概にこういうのが良いというのはありませんし、そこについてはご自分で模索していかなければなりません。

例を上げれば職場での恨みならターゲットに対する社内での失墜や離職などを求めるだとか、皆の前で頭を下げさせるような展開も良いかもしれません。

シチュエーションによって様々な恨みの晴らし方というものがありますが、ここで気をつけなければならないのは恨みを晴らす方法までシチュエーションで考えてはいけないということです。

なぜならば結果として訪れるものはシチュエーションによってある程度のカテゴライズができるものの、その過程というのはターゲットに対してどう行動していくかという点にフォーカスしていくことになります。

しかし人というのは十人十色とはいったもので、弱点から強みまで人によって様々ですから、それをシチュエーションで括ってしまうのは愚行となります。

恨みを晴らす方法についいてシチュエーションでお探しになっている方がいらっしゃいましたら、今すぐそれはお止めになった方が良いでしょう、はっきり申し上げて無駄です。

基本的に恨みを晴らす為にどいう結果をもたらせば良いのかは問題ないとして、その具体的な方法論を括って調べてしまうのは大して意味もないでしょう。

私どもについても事例というものを持ち合わせているわけでして、ある程度シチュエーションをカテゴライズすることは可能ですがどんなケースでも個別に工作のプランを組み上げていったという前例があります。

あくまでも目的は恨みを晴らすことであって、都合の良いように恨みを晴らす方法を調べることではありませんので、プランニングについてはしっかりと個々のケースに向き合うことが大切かと思います。

その中で復讐屋という第三者の存在を活用することで恨みを晴らそうとご検討されている場合は、ぜひ私どもの無料相談窓口までご相談頂けますと幸いでございます。