恨み 復讐

恨みを晴らす為に復讐をするというのは至極当然のことであり、それを否定することはありませんが漠然と「復讐する」ことを解決手段と考えていては晴れる恨みも晴れません。

復讐はあくまでも解決方法として概要であり、どういった復讐をすれば恨みが晴れるのか考えると同時に、それを遂行するための計画が必要となってきます。

中にはなんでも良いので復讐ができれば恨みが晴れるケースがありますが、それはごく一部であって同じことを考えている方でも実際にやってみると恨みがちっとも晴れないということが多いものです。

恨みを持った時点、これは同時ではないにせよ同じくらいのタイミングで相手に何かしたいと考えてはいませんでしょうか?

それが前述の「どういった復讐」であり、そこにたどり着くことができれば恨みが晴れることが多いです(もちろん例外もありますが大多数です)。

私ども復讐屋というのは、不法行為を除くどんな復讐においてもお客様の手助けをすることができますので、遂行困難な目的と感じたことでもご相談頂ければ何かしらの活路を見出す自信があります。

しかしどういう復讐がしたいのか定まっていない場合、それを明確にするところからスタートする必要がありますので、少々時間がかかってしまうという側面もあります。

よくあるケースとしては復讐として何がしたいのかをカウンセリングしている最中に飽きてご連絡を頂けなくなってしまうというケースです。

こうなっては私どももご連絡を差し上げることはできますが、ご本人様の意欲がなくなってしまうので復讐工作という汎用性のある選択肢が1つ潰れてしまうことになります。

とはいえ結局のところ時間を置いて改めてご連絡をいただけることが多いので、結局のところ復讐屋では時間がかかると判断してご自分でお考えになったものの、やはり思いつかないので再度ご連絡という流れかと思います。

これは効率的とはいえませんので、予防策としましては恨んでいる相手をどうしたいのか、ということをある程度は明らかにしておくことでスムーズなご相談が実現すると思います。

私どもはあくまでお客様の願望を叶えるために復讐工作を始めとした諸工作によってお客様のサポートをするという立ち位置におります。

ですので願望が曖昧な状態だと私どもとしてもどう動けば良いのか分からなくなってしまいますし、曖昧な計画はそれだけ費用面でもかさむというデメリットがあります。

また曖昧なプランというのは私どもにとってもデメリットがありますので、復讐工作をご検討されているお客様は「このようなこともある」というのを念頭に置かれますとスムーズなご相談ができるかと思います。