仕返し 感情

仕返しを望む感情というのは、早いうちに解消しておいた方が良いと私たちは考えています。

つまり早めに仕返しをした方が後のためであるということですが、これを疎かにしているとネガティブな感情が蓄積しよほどのことをしないと解消できなくなります。

仕返し程度で済んだものが大きな復讐をしないといけなくなるというのは、どうかんがえてもデメリットでしかありませんから、早いうちに手を打った方が良いわけです。

ここで誤解してはいけないことが、何もせずに我慢するという選択肢で、結局のところこういう選択肢は何もしていないのと同じです。

仕返し程度の気持ちを我慢することは可能ですが、恨みが大きくなってしまい復讐心と言えるような状態になった時、果たして我慢できるでしょうか?

いわゆるキレる、というのは短気な人ではない限り、様々なものが蓄積されて耐えきれなくなった時に爆発するという流れを踏んでいます。

いかにネガティブな感情を押さえつけてしまうことが危険かお分かりになったかと思います。

では我慢することが良くないと分かったところで、どうやって今の感情を解消すれば良いのか、というところになってきます。

シンプルに考えれば、ネガティブな感情が芽生えた時点で既に答えが大方でているもので、恨んでいる相手をどういう状態にしたいか、というのが思い浮かんではいないでしょうか。

大雑把にでも頭に浮かんでいるのであれば、それを可能な限り明確にすることで感情の解消方法が出てきます。

あとはそれが自分で実行可能なことなのか誰かに頼らないといけないことなのか、などなどプランを組んでいくという工程に入っていきます。

あらゆる手段を使って自分の求める結果までたどり着くことができたのであれば実行あるのみですし、どうしても行き詰まっているところがあれば更に他者の助けが必要ということですから、私どもにご相談いただくでも構いません。

私どもとしても、ご自分で実行可能なのであればご自分で仕返しされた方が感情も解消しやすいので推奨したいところですが、ご自分では難しいことを無理矢理実行されることはお薦めしません。

仕返しにせよ復讐にせよ失敗というのは大きな代償を被ることになりますから、無理をされるよりかは私どもに一度ご相談頂ければと思います。