別れさせる心理学

別れさせることに限らず恋愛というのは心理学的なところを様々な場面で位置づけることができ、私どもが実行する別れさせ工作においても例外ではありません。

そもそも恋愛というのは様々な環境の重なり合いがあれど、最終的に行動を決めるのは感情であり、心理学的アプローチができないわけがないですし、これを無視することはできません。

別れさせるのであれば「どういう心理になれば別れを決断するのか」これを追求していくことによって別れさせ工作、ないしはターゲットへの干渉方法が定まってくるというものです。

私どもはお客様からのご依頼によってターゲットのカップルを破局させることで別れさせ工作としての価値を見出していただく訳ですから、前述の心理的アプローチやら心理状況の把握というのは非常に重要なものとして捉えています。

もちろん恋愛というのは心理の変化などによって状況も変化していくものですから、重要でないわけがありません。

しかし別れさせ屋の中には「別れさせればそれでいいんだろう」というスタンスの業者も少なからず存在していることは、私どもにとって1つの懸案事項となっています。

別れさせ工作はターゲットのカップルを別れさせることが目的となりますから、どんな方法を使っても別れさせることができれば表面上の成功ということに異論を挟む余地はありません。

ただしお客様にとって別れさせ工作の成功というのは、非常に多くのケースで別れさせてから次のステップがあるということを私どもは経験上知り得ています。

ですので単に方法を問わず別れさせることで真の成功というのは、お客様が「後先考えずに別れさせてくれ」と断言するようなケースでないと発生しえません。

分かりやすいところでいえば別れさせてから復縁をしたいといったケースや、ターゲットとの繋がりを何らかの理由でキープしておきたいという希望がゼロでない確率が非常に高いのです。

そういったところまで加味すれば方法を問わずというパターンは限られたケースでしか考えられませんし、それがお客様にとって最良の選択肢であるとは思えません。

私どもは生憎のところ復縁業者ではありませんので、別れさせ工作といわれたら別れさせることを最優先にすることは否定できません。

しかしお客様のご意向を踏まえたうえでプランを組むことはできますから、何かしら別れさせてからの先があるのであれば、ご相談時にどのような流れをご希望されるのかお申し付け頂ければと思います。

ケースによっては難しいかもしれないとお申し上げることもありますが、現にご希望どおりに進めることができたケースの方が多いですから、悲観的になることはありません。

どなたかを別れさせたい、とお考えの際は私どもの無料相談窓口までご一報頂ければと思います。