別れさせ屋 離婚したい

カップルを別れさせたいというケースでクローズアップされがちですが、別れさせ屋は夫婦を離婚したい・させたい時にも活用できる選択肢であり、別れさせ工作は「関係を分断する」ことに特化した工作であると言えます。

話を広げてしまえばカップル、夫婦だけでなく友人関係なども対象とすることができるもので、ご依頼料金に見合うメリットが得られるのであれば友人関係の分断、崩壊を望む場合もご検討いただくことができるものと考えております。

本題に戻りますが、離婚というものの定義としては「離婚届に判を押して役所に提出する」というのが最低限の成否ラインになってきます。

つまりはこれを最重要とし、他に条件がなければ法の範疇で手段を問わずこれを目指していくこととなります。

誤解しないで頂きたいのは、騙し討ちのような形で離婚届を提出されることを目指しているわけではなく「離婚を決断させる」ことで離婚届を提出させる流れにしていくのが別れさせ屋の仕事であり、別れ工作の本質であるということです。

この本質を捉えていることによって、カップルと夫婦の違いは当事者たちだけの状況でいえば婚姻届を出しているか否かの違いしか存在していないということになるのです。

もちろん婚姻関係の方が当事者以外、つまり外野の干渉というのが非常に多くなりますから、そのあたりの懸案点を排除するのも別れさせ屋の仕事ではあります。

しかしカップルなら外野がいないのか?と言われればほぼ確実にいるわけで、結局のところやることは変わらないのです。

いかに当事者(別れ工作の場合はご依頼者様のパートナー)に別れを固く決断させ、これを翻意させないように外野を鎮めることが別れ工作というものになります。

このような動きというのは第三者だからできることも多く、ご自分ではなかなか実行できない手段であっても私どもの立ち位置からであれば可能なことも少なくありません。

二人を中心として結婚したのだから、離婚も自分で決着をつけたいというお考えは至って間違いではありませんが、目的は当事者間での解決ではなく離婚という着地点であるはずです。

本来の目的に向けて最短距離で進みたいということでしたら、無料窓口まで一度ご相談いただいても損をするということはないと保証致します。

内容をお伺いして、私どもの見解を認識されたからご検討いただくということでも全く問題ございません。