失恋 復讐 したい

失恋に対して復讐したいという願望は、多くが元交際者への恨みとなっていますが例外も少なからずあり、実際にその手の復讐工作をご依頼として実行した経験もございます。

例えばお互いに相思相愛であったのに家柄の問題などでどちらかの両親に大反対をうけ、結果として破局してしまった状況などがこれに当てはまります。

このような場合は両親への復讐工作はもちろんのこと、元交際者が別の方とお付きあいしている場合には復縁に向けた別れさせ工作などを実施していくという流れになっていきます。

 

ここで大切なポイントとなってくるのが「恨んでいる相手」と「今後の展望」が明確になっているかどうかというところです。

恨んでいるのはご自分もしくは元交際者の両親で、復讐をきっちりと果たし元交際者とは復縁したい。

これが明確になっていないと各種工作を実施しようにも内容を決定することがままなりません。

正しくは工作自体はできるがお客様の思い通りの筋書きになるとは限らない、といった方が良いかもしれません。

例えば別れさせ工作ひとつとっても、単に別れさせるだけではなく元交際者がご自分を意識していく方向で工作を進めていかなければなりません。

復讐工作にしてもご自分が画策したような見え方をしてしまうのは今後にとってデメリットとなりますので、全くの別方面からターゲットにネガティブな何かを起こさなければなりません。

このように目的や結末があって初めて具体的なプラン選定をしていくことができますので、私どもは最初にそこを重要視してお話を進めていくことが殆どです。

 

中には既に明確な目的をもってご相談頂くお客様もいらっしゃいますが、それが本当の願望なのかというのはご相談を続けていく中で吟味された方が良いかもしれません。

工作活動というのは一度スタートしてしまうと簡単に止められるものではありませんので、私どももそれを踏まえた上で、ご相談や計画立案に時間を割いていきます。

いずれにしてもお客様の願望をしっかり把握してこその計画立案ですから、復讐工作をご検討されている場合は、私どもに悩みの全てを打ち明けて頂けると幸いです。

当然ながら最初は無料相談からスタートし、ご検討いただいたものの実施に至らなかった場合に料金などは発生しませんので、ご安心のうえ無料相談窓口をご利用くださいませ。