復讐方法 時間

復讐方法を探すなら時間がかからず効果も大きいものをという考えの方が多いと思いますが、逆に時間をかけることも1つの手であったりもします。

ジワジワといたぶるように、という表現がありますが正にこれです。

どんなこともでも多くは早いに越したことはないものですが、かといってジックリとやることが間違いかといえば否であることは皆さまご存知のはずです。

復讐においても適切な手順をもってすれば時間をかけることも非常に有効なのです。

 

しかし適切ではない手順、といいますが無駄に時間をかけることは私どもとしてもお薦めしませんし、あくまでも必要最低限の効果を継続させて時間をかけていくことが有効であるものです。

些細な復讐を時間を置いて何回もやったところで、ターゲットに対してダメージは蓄積されませんし、間が開くことでせっかくの効果も頭打ちになってしまいます。

これを避けるためには計画的に時間をかける必要があり、綿密な計画があってこそだと思った方が良いでしょう。

 

私どもがご依頼として時間をかけた復讐を実行したケースとしては、ターゲットを疲弊させることを目的として実行したものが多いと記憶しています。

ご依頼人様に恨みを持たれたことを少しでも罪悪感として心に残っている場合、このように時間をかけることでジックリと侵食していくことができますし、適用できるケースはこの限りではありません。

復讐というものは大きなものを一撃で果たすものと、少しずつ果たしていくものがあるということです。

これらはどちらが良いという訳でもなく、適用できるケースも違いますし、場合によってはお客様の意向で決定できるものもありますから正にケースバイケースといえるでしょう。

 

結局のところ復讐はお客様が恨みを晴らすために何をもって復讐とするかが重要です。

その根本的なところが決まってこそ、ターゲットに対する復讐方法はどうするか、時間をかけていくかなどを決定することができるという流れになります。

かといって全ての方が自身の恨みに対して完全な理解をしているとは限りません。

その手助けをすることも私どもの役割の1つですから、漠然と恨みを持っているだけの場合でもご遠慮なく無料相談窓口をご利用頂ければと思います。