復讐 方法 会社

恨みも持つ対象は人だけではなく、会社への恨みというものも存在します。

例えば、不当解雇されたらその怒りはどこにぶつければ良いのでしょうか?
同僚でもなく、上司でもなく、会社の上層部ですよね。
小さい会社なら顔と名前が一致しますが、大企業では面識すらないケースが多く、怒りや恨みを晴らすと言ってもさすがに無理な話です。

そこで会社に怒りをぶつけるのです。
ですが状況的に何か問題を起こせば、すぐに貴方のせいにされて最悪な場合だと警察沙汰になるリスクも充分にあります。

そんな時こそ私達のような第三者である復讐屋の出番なのです。
貴方のアリバイが完全な状態ならば、貴方のせいにはなりません。

むしろ解雇宣告をされてから、まだ雇用中に何かしらの復讐をしていくのが最も良い方法です。
お客様にはその間、我慢して頂かないとなりませんがそれさえ出来ればその恨みは私達が何倍にもして返します。

復讐方法も様々ですが、まずはお客様自身が疑われない事が一番重要な事です。
会社にとってマイナスになる事をやる必要があります。
何をすれば会社にとってダメージがあるかは貴方が一番よく知っているはずです。

とは言っても当社は犯罪に繋がる行為は一切NGなのでご了承ください。
犯罪などしなくてもダメージを与える方法は幾らでもあるので、その点は心配しないで下さい。

過去の案件だと、セクハラで解雇された元社員が会社の上司と被害女性社員に対して復讐したいというものがありました。
実際にはセクハラなど一切行っていないらしいです。
何かしらの理由をつけて辞めさせる事が目的だったみたいですが、セクハラで解雇なんてされたら次の就職先なんてある訳がありません。

これは可哀想すぎますね。
どうやら会社の上司と女性社員がグルになって解雇させたと思います。
勤務態度も良く、遅刻欠席もなく真面目に働いていたのに、、、、これでは復讐を考えるのも当然です。

そこで私達に依頼されたのは、上司とその女性社員もクビに欲しいという内容でした。
まずは女性社員の情報がなかったので色々調べていきます。
休日の行動を調べていくうちに面白い事が分かったのです。

実はその女性社員と会社の上司が不倫関係にあったのです。
これは最高のネタです。

あまり詳しくはお伝え出来ませんが、考えただけでもその後の展開が楽しそうになるのは理解できますね。
その女性社員に対しては会社に写真を送りつける事で終了です。
それ以上は会社側から罰せられることなので。

上司の自宅にも写真を送りつけ、これにて任務完了です。
上司に関しては会社から家庭まで全て終了です。
弁明の余地なしですもんね。

会社でお咎めがあったのは分かりませんが、不倫関係を暴露されたら、その会社にそれ以上在籍するのは無理でしょう。
結局どちらも自主退社という形で終わりましたが、着地点が依頼者さんと同じ状況にする事だったので、結果OKです。

以上が当社が実際に行った会社の上司や同僚への復讐方法です。
この結果に依頼者様も非常に満足して頂き、恨みの気持ちも少しはスッキリして頂けたと思います。

このように犯罪などしなくても会社を辞めさせる復讐方法はいくらでもあるのです。
同じ様なお悩みを抱えているお客様は復讐代行リベンジ24にご相談下さい。
出来るだけ詳しく教えて頂けると成功率が高くなり、また工作にかかる料金も下げる事が出来ます。

お持ちの情報が多ければ多いほど、復讐工作がスムーズに進むのは紛れもない事実なのです。
解雇されて悩んでいるだけでは無念お気持ちは一向に晴れる事はありません。
行動してこそ新しい道が開けるのです。

私達でよければいつでもお力になりますよ。一人で悩む前にご連絡下さい。

復讐代行 リベンジ24