復讐方法 紹介

ネットの世界は日を追う事に便利になってきており、復讐方法ですら紹介しているサイトが多くなってきています。
しかし復讐方法というのは紹介されているものをそのまま実行すれば良いということではありません。
逆にいえば、それで問題が解決するのなら私どものような復讐屋は運営していくことができず、存在していないはずです。
現実には復讐屋は私どもを含め多数おりますから、前述の通り復讐方法をそのまま実行しても効果は期待できないということになります。

その一番の理由は復讐方法の紹介の仕方というのが大きいと個人的に考えています。
例えば職場内で嫌な目に遭ってしまい復讐方法を探している時、当然ながら職場で使える復讐方法を探すでしょう。
これは当然の流れなのですが、この当然が最大の敵であり効果が期待できなくなる原因ともいえます。

職場で実行できる復讐方法を見つけたのですから、間違いなく実行はできるでしょう。
しかし復讐のターゲットに有効な方法か?というのはまた別の話であり、本来探すべきは相手に効く復讐方法であるべきです。
要するに復讐方法を探すにはシチュエーションではなくターゲットに合わせた方法を探さねば効果が期待できないということになります。

ではどういう探し方をすればターゲットに有効な方法を探し出すことができるでしょうか?
答えとしては相手の弱点を探り、それに対して有効なものを探していくことが近道となります。
が、弱点が分かっていればそれを突くだけで良いですし、弱点が分かっていれば自分で考え付くものではないでしょうか。
これが復讐方法を紹介するという矛盾の原因であり、あまり意味がない行為であるということを理解して頂けたかと思います。

結局のところ復讐方法の紹介というのは事例を紹介しているだけで、必ずしも自分自身の復讐に当てはめられる訳ではないのです。
むしろ当てはまる可能性の方が少ないという前提で見ていくべきですし、大筋の復讐方法は練ってから事例を参考にするために探すくらいが丁度良いのです。

だからといって自分自身でやるべきというのが復讐ではありませんし、それを推奨しても私どもにメリットはありません。
あれこれ試行錯誤をしていくうちに時間だけが無駄に過ぎてしまったり不完全な方法を勢いでやってしまい報復を受ける可能性も否定できません。
復讐方法は完璧と確信できるような状態で実行すべきですし、それが難しいのであれば私どもを頼ってください。

第三者が実行することによる隠蔽なども大きなメリットとなりますし、複数人で協議した方が良いものが練り上がるということもあります。
私どもはあなたの復讐を手助けする存在です、どうかお気軽にご相談頂ければと思います。