復讐屋 実態

復讐屋というと仰々しく感じる方も少なくないと思いますが、言ってしまえば何でも屋や便利屋と呼ばれるような業者と同じだと考えてしまって構いません。
もちろん何でも屋などは日常の困り事に対して料金をいただき何でも解決していくというスタンスですから微妙な違いはあります。
私ども復讐屋は復讐や恨みにまつわることに対して料金をいただき解決していますので、水漏れ修理などはお断りさせて頂いています。

しかし立ち位置としては似たようなもので、御用伺いといっても差し支えないようなものです。
前述の通り恨みに関することを専門としていますが、恨みといっても様々なものがあるのは日常生活を送っているご自身がよく理解しているはずです。
ふとした過程内の恨みから社会生活を送る中での耐え難い理不尽な行為を受けた恨みなど大小様々です。
その恨み全てに対して私どもは解決のために行動していく用意があり、これが復讐屋の実態となりますから恨みを晴らしたいなら何でも頼って頂いて良いのです。

当然ながら案件毎に相応の料金を頂戴しておりますから、この折り合いがつかないと実行とはなりません。
できる限りご相談者様の希望に合わせていきたいところではありますが、恨みの大小と料金というのは残念ながら比例しません。
あくまでも恨みを晴らすにおいて必要な行動計画を立案し、そのために必要な人件費や諸経費を料金として見積もりしていますから、恨みの程度というのはまた別の話なのです。

とはいえご相談者様の恨みを晴らすことが私どもの存在意義ですから、極力ご要望に応えるためにも折衷案も用意することができます。
例えばターゲットを社会的に制裁したいといったご希望で、特に職場関係で退職まで追い込んで欲しいといったご依頼があったとします。
退職に至らせるまでの工程をお見積りとして提示したもののご相談者様にとって高額であった場合、退職の保証はできないが退職もしくは降格に至るほどの状態にまで持っていく。
そちらの方が料金的に割安に実行できるのであれば折衷案として提示させて頂くというような流れもできます。

また私どもが見積りを出すのではなく、ご相談者様が予算をご提示いただき、それに対して私どもが何をできるのかという流れも可能です。
この場合は実行可能な内容に乖離があると失望されることもあるかもしれませんし、実際にあまりにもかけ離れた要望を受けた事例というのもあります。
ただご自身のケースがどのような状態で、どんなご要望かは各ご相談者様で全く違いますし、それこそ千差万別と言えましょう。
ですので過去の事例というものに惑わされず、まずは無料相談にお問い合わせいただけますと幸いです。