別れさせ屋 評判

別れさせ屋の評判というのは必ず賛否両論になるもので、一方に偏っている場合は何か見えない力が働いていると思って良いと言い切れます。
なぜそうなるのかといえば単純な話で、別れさせ屋の業務の特性上どうしても評価が二分されてしまうからに他なりません。

まず別れさせ屋というのはターゲットとなるカップルないし夫婦を別れさせることが依頼の軸となります。
もちろんその後に復縁に向けた流れがあったり、ご依頼者様の恨みを晴らすために更なる行動が待っていたりもしますが、あくまで前提は別れさせることです。
しかしターゲットが人間である以上、どうしても予測がつかない動きを見せることも多々あるわけです。
それ故に当初の予定と現状が大きく乖離してしまい、いわゆる別れさせ工作が上手くいかなかくなってしまうこともあります。
当然ながら業者としても別れさせる流れに修正を試みていくことになりますが、ご依頼時の予算というのは有限です。
業者が動こうにも予算が尽きてしまった場合、選択肢となるのは業者が無償でフォローするかご依頼者様が追加で予算を投入するかです。
とはいえ業者もボランティア団体ではありませんから無償フォローにも限界がありますから、失敗が続けば工作の打ち切りという結末が待っています。
工作を続ければ非常に高い確率で別れさせることができるものの、予算は有限ですから結果として成功することもあれば失敗もあり得るのが別れさせ工作なのです。

では成功した方と失敗した方、それぞれの別れさせ屋に対する評判はどうなるでしょうか?
成功していれば間違いなく高評価を頂けるのは考えずとも明白なものですが、失敗したら高確率で悪い評判となってしまうはずです。
予算を投じたのに失敗してしまい「失敗しましたが業者は頑張っていました」と仰る仏様のようなコメントはまず頂けないでしょう。
よって別れさせ工作の成功率が100%と断言できない以上、評判は二分されて当然ですし虚構端な偏りがある場合は必ず原因があるということになります。

その1つは業者が運営を始めて期間が経っていないために評価が偏ってしまっている。
または同業他社が相手業者を貶めるための自作自演を行なっている。
もしくはご契約の際に口コミに関する諸事項を含めて契約ないし説明を行なっている。
殆どの業者がこれに当てはまっているかと思います。

別れさせ工作や復讐工作というものは需要があるとはいえ、業界としては非常に狭いものですから、ちょっとした書き込みでも閲覧した方に多大な情報を渡すことになってしまいます。
工作が成功したにも関わらず口コミをしてしまい、依頼をしたことがバレる可能性はゼロではありませんし、失敗した時も同様のことが言えます。
もちろん私どもは口コミに関する事項を契約内容として強制することはありませんが、リスクを考慮の上で書き込み等されることをお薦めしています。