恨みを晴らす 学校生活

学校生活において恨みを晴らす方法というのは何も講師や友人たちににチクるというものだけではありません。
こと現代の学生社会において、恨みをもらう機会というのは増えており、それを晴らしたいとご相談される方も年々増えています。
やはり現在の教育スタイルというのが悪しきをろくに罰せず理不尽な世の中になっていることが一因になっているのかもしれません。

とはいえ恨みを持ってしまう原因を究明したところで誰が得をする訳でもありませんから、ここでは恨みの晴らし方について言及していきたいと思います。
まず学校生活において恨みの対象、ターゲットとなるのは二種類の人間に明確な分けることができます。
1つは生徒サイドの人物、もう1つは教師サイドの人物で、生徒関係者以外の人物は全て後者に割り振ります。

生徒サイドの人間が同じ生徒側に対して恨みを持つ場合、教師たちに何かしらのアクションを起こしてもらうよう促すよりも同年代で解決した方が早いものです。
根も葉もない噂を流せということではありませんが、何かしらの悪行が恨みの原因となっていますのでそれらを告発し理解してくれる人物を多く見つけるべきです。
そうしていきコミュニティの過半数を理解者が占めることになった時、ターゲットは自滅の道を歩んでいくことになります。

またこれは教師サイドが教師側の人間を恨んでいる場合も有効で、面識のあるコミュニティ全体の半分以上がターゲットに対してネガティブな感情を持った時、自ずと復讐は完成するものです。
何かしら悪い噂が立って、その人物がどんどん孤立していく様を見たことはないでしょうか?それと同じで数の力というのは非常に強いものなのです。

では生徒サイドが教師サイドの人物を恨んでいる場合はどうでしょうか。
相手はもう社会人ですから学校生活だけが自分の環境ということではありませんし、他にも付き合いというものが当然ながらあります。
恨みを買われるような人物はその学校外の付き合いに何かしら穴があったりするものですから、それを突くというのは非常に有効な手段といえます。

逆に教師サイドが生徒側を恨んでいる場合というのは選択肢が数多にのぼりますから、ケースバイケースということになるかと思います。
どうにも上手くいきそうな選択肢がないということであれば私どもにご相談いただければと思います。

いずれにせよ学校生活というのは生徒サイド、教師サイド、更に輪を広げると保護者サイドと様々な力が絡み合って形成されているコミュニティです。
それだけに誰が復讐をするにしても迂闊な行動を取ると自分が破滅してしまう可能性を秘めています。
そのリスクに対して警戒をしているのであれば第三者である私どもにご相談ください。
自分自身では実行不可能な復讐というのも赤の他人であれば可能になるケースもありますから、お力添えさせて頂きます。