復讐話

復讐話というものは多くの方が憂々として見入ってしまうもので、これは他人の不幸は蜜の味といった言葉にも置き換えることができます。
それだけに復讐体験談など、復讐話に関する記事というのはネット上にかなりあって、そこにはどんな経緯でどんな復讐をして、どんな結果になったか等が書かれています。
ということは復讐話からかいつまんでいくと復讐方法になるのではないか、と考えることができるかもしれませんが実際には全く参考にならないと断言しても差し支えがないでしょう。

なぜ参考にならないのかといえば、あくまでもそれは体験者が成功させた復讐方法であって、あなた自身の復讐を成功させる方法であることが保証されてないからです。
復讐というのは自分と相手、そして環境に応じて取るべき方法が変わってくるものであり、この組み合わせは何一つとして同じことがあり得ません。
同じ相手に復讐するにしても二度目の復讐であり環境は変わっている訳で、二度目という観点からアプローチの仕方は全く変わってきます。
二番煎じという言葉がある通り、同じ相手に対して同じことをやっても意味がなく、同じ復讐方法では効果どころか成功もないと思った方が良いでしょう。

これらのことから復讐に関する体験談というのは手法を知ることができても同じことをやって効果を望むことはできないといえます。
あくまでも自分が復讐するターゲットに対して何が有効なのか考え、それに合った復讐方法を選ぶべきなのです。
多くの復讐話はシチュエーションごとにまとめられているので、相手の傾向から考える際にとても障害となってしまいます。
職場での復讐方法や家庭内での復讐方法など、こういった切り口で考えてしまうのはとてもリスキーです。
もっとも仕返し程度の簡単な復讐であればシチュエーションから入っても問題はないかと思いますが、それで恨みが晴れるならという前提条件がつきます。

もしそういった簡単な復讐方法で満足できないようであれば、自分で復讐方法を練っていくか私どものような復讐屋にご相談いただき、依頼をするかの二者択一です。
折衷案として友人や知人に相談して協力してもらうという手段もありますが、一般的なイメージとして復讐は赤の他人の復讐話であれば見るものの、当事者になると敬遠する傾向があります。
それもそのはずで復讐=悪いことという間違ったイメージが一般的にとなっているからであって、相談することによって交友関係に亀裂が入るリスクさえあります。
そういったリスクを回避するのであれば結局は二者択一ですので、自分の手に負えないと感じているのであれば是非ご相談ください。