別れさせたい 自分

別れさせ工作をご依頼されるお客様の中にはターゲットを自分のカップルに設定した、いわゆる別れ工作をご依頼される方も少なくありません。

・別れたいが自分からなかなか言い出せず時間だけが過ぎている
・別れを切り出すと相手に乱暴な対応をされるので言えない
・相手が別れたいと思っておらず別れ話をなかったことにされる

このように別れたくても別れられないというカップル、夫婦は少なくなく第三者の手を借りなければいけないケースが多々あります。
かといって友人たちを巻き込みたくないのでどうにかならないか、という方が私どもにご相談を寄せられるという流れになっているのでしょう。

私どもの別れさせ工作・別れ工作はターゲットを問いませんからどのような状況にも何かしらの解決策がご提案できるかと考えております。
極端な例でいえば離婚をしたいのに相手が雲隠れしてスムーズに離婚協議が進まないといったケースも行方を掴むところから動いたことがあります。
ご夫婦の別れ工作だと結婚という法の縛りが発生するので手順が複雑になることが多いですが、カップルを別れさせるのであれば前述の夫婦に比べてかなりイージーであることは間違いありません。

結局のところどのようなケースであっても相手に「別れたい」と言わせることができれば勝ちですから、まずはそこに向けて動いていくのが基本となります。
が、時には頑なに別れたくないという意思表示から「別れざるを得ない状況」にするということもありますので、必ずしも言わせることができるというものではありません。
別れさせ工作・別れ工作は様々な工作を複合的に展開していくことで外堀を埋める、もしくは相手の心理状況をコントロールして内部から進めていくかのどちらかです。

とはいえ自分でそれをやることは相手に「別れたいと思っている」と考えされることに繋がりますので、トラブルの可能性が大いにありますから行動は控えた方が良いでしょう。
あくまでも自分は特に変わりなく生活している中で相手に様々な変化が起きて、最終的に別れたいと思うというところが本質的なものです。
そこに至るまでの様々なパターンは私どもが積み重ねてきた事例で得た経験値によって構築することができますので、お困りの方は是非ご相談くださいませ。