復讐 攻撃行動

私どもへご相談いただくお客様の中には度々誤解された認識をお持ちの場合がありますが、復讐というのはターゲットへの攻撃行動を指すものではありません。
あくまで恨みを晴らすための行動を復讐というのであって、必ずしも攻撃的な行為ではなく、極端な話ですが会話をするだけでも復讐が成立することもあるものです。
この手の認識をお持ちだと、復讐=法に触れることであり、ひいては復讐屋そのものが無法者の集団であるイメージをお持ちであることが多いです。

しかし実際のところ私どもの存在というのは法的に問題が全くなく、復讐工作も堂々とお受けしており特にこれといった法的なトラブルも発生しておりません。
なぜなら私どもの復讐工作は法に触れずお客様の恨みを晴らす、これを重要視しておりますから問題になりようもないのです。
少々度が過ぎた言い方かもしれませんが、日々復讐屋を運営している側からすると復讐屋=法に触れるという解釈はドラマなどの影響が大きすぎかと思います。

とはいえ復讐屋というものが日常的に聞こえる世界というのはそうそうありませんから、ドラマなどの影響を受けてしまうのも致し方ないということも理解できます。
ドラマはドラマであり、現実の復讐屋というのは実態が全く違いますので、ご自分で攻撃行動を起こせないので代わりにやって欲しいというご依頼は、法に触れる内容であればその旨を回答差し上げています。
そして折り合いがつかないようであれば、最終的にはお断りさせていただくということもありますし、法に触れないプランニングにより最終着地点が相違なければそのプランでご依頼ということもあります。
私どももお客様が求める最終着地点を捻じ曲げてでもご依頼いただきたいとは思っていませんし、現実的でもありませんから折り合いのつくつかないは大切なところでもあります。

現実の復讐屋というのはこのようなものであり、ドラマなどフィクション作品に見られるような過激な行動というのは全く取っておりません。
同じ業界で運営されている団体がどうなのかというのはわかりかねますが、少なくとも私どもがお受けしているご依頼というのはドラマなどと比べると相当に地味かもしれません。
しかしご依頼時にお伺いしたターゲットの最終状況というのはつつがなく辿り着いているものですから、ご依頼者様も私どもも特に問題なく遂行もしくはご満足いただいているという状況です。

過程である復讐方法の過激さに意義を求めるお客様は、場合によってご依頼不可という判断になる可能性もございますが、その手の過激さを特に求めていらっしゃらない場合は、是非私どもまでご相談くださいませ。