別れさせたい 離婚

別れさせたいという思いを実現に導くのが別れさせ工作ですが、当然ながら離婚など夫婦関係を別れさせることにも利用は可能です。
別れと言葉にしてしまうと恋人関係など法の縛りがない関係に当てはめてしまいがちですが、恋人同士と夫婦同士というのは大きな違いはないのです。
言ってしまえば婚姻届を出しているかどうかが主な違いですし、当然そこに様々な権利があるからこそ届けるわけですが、結局のところ行動の違いというのは届け出だけなのです。
つまりは別れさせる際についても離婚届を出すか単に関係が終了するかの違いでしかなく、離婚だから別れさせ工作ができないということにはなりません。
もちろん離婚届けを出すという1つのアクションは経る必要があるものの、両者の関係に軋轢を生み出し別れさせるに至ることには変わりないのです。

逆に夫婦関係だからこそ別れさせたいと思ったら用意に別れさせることができるという側面も持ち合わせていたりもします。
結婚生活が長くなればなるほど、マンネリ化というのはどうしても発生してくるもので外部からの刺激に対して耐性がなくなってきているケースが殆どです。
当然ながら法的なところは遵守するとして、こういった外部の刺激を与えることで婚姻関係というのは意外と脆く崩れてしまうものなのです。

結局のところ夫婦というものは何年経っても他人同士の結びつきであることに変わりはなく、血縁者ではなくただの配偶者ということになります。
血の繋がりというのは非常に厄介なもので、これを引き離そうとすると相応の難易度になってくることは多いですが、他人同士であれば話が別なのです。
どこまで経っても親の子は子供ですし、それと同じように夫婦はどこまで経っても所詮は他人だということを考えれば難易度は比較的低いわけです。

しかし例外としては外部との政治的な理由によって婚姻関係を成立させているケースで、主に政略結婚によって成立した夫婦というのは難易度が上がります。
なぜならその政略が肝であって婚姻関係というのは要するに人質、別れたら政略が破綻してしまうため別れようにも別れられないということになるからです。
とはいえこのようなケースでも解決策がない訳ではなく、その政略を元より覆してしまえば良いのですが、これは少し離婚の話から逸れてしまいますので別の機会にしましょう。
出会いがある以上、何らかの形で別れは必ずくるのですから、悩まれているお客様がいらっしゃいましたらぜひ私どもまでご相談ください。