復讐 本当

復讐屋でありブログをこうして書いている私どもが言うのもなんですが、ネット上にあふれている復讐に関する情報というのは、まず本当に使えるものなのか真偽を確認しなければいけません。
インターネットにおける情報というのは2~3の側面を持ち合わせているもので、単純に見たものをそのまま鵜呑みにすることが本人にとってデメリットとなる可能性が高いものです。
なぜこうも本当なのか?真偽はどうなのか?というところを啓蒙するのかということを以下に説明していきたいと思います。

まずまずもって復讐というのは一般の方からすれば刺激的な言葉であり、それに類する話というのは怖いもの見たさということもあるかと思いますが、興味をそそられるものです。
つまりは読み物、コンテンツとして成立する性質をもっており、その側面を伸ばそうとすれば真偽は特に関係なく、どれだけ刺激的な話を作りだせるかということが重要になってきます。
これの怖いところは読み物として読もうとしている方は非常に楽しめますが、真に復讐をしようとする方がこれをノンフィクションであると受け取ってしまうとリスクしか発生しません。

あくまでも読み物、フィクションの産物ですから実際にこれを実行したら・・・というところは度外視されているものですから、とにかく危ないとしか言いようがありません。
またリアリティを追求するコンテンツはよりノンフィクションに近づけようとしますから、余計にタチが悪いものに仕上がっていることも念頭に置いて置くべきでしょう。
更にはこのようなコンテンツを読ませ広告を表示させることでお金儲けを考えている方たちも存在していますから、より刺激的な話を創造していこうと意欲的にコンテンツを増やしています。
復讐がしたくて情報を探している方からすれば、刺激的な読み物ほど絶大な効果をもたらした復讐方法として目に映りますから、これはとても危ないことだという結論になるのです。

対して真に復讐の情報として様々な方法を発信しているところもありますが、これが如何に真実であろうとも鵜呑みにし、そのまま実行することはお薦めできません。
なぜなら実際のケーススタディを載せた復讐方法というのは、そのケースにおける相手に対して有効であった復讐方法ということでしかありません。
そのケースの相手が今のご自分が復讐したい相手と同一人物である可能性は極めてゼロに近い訳ですから、結局のところ復讐というものは本当の情報かに関わらず自分に合った方法をとらなければなりません。
だからこそ私ども復讐屋に対しての需要がなくならないということでもありますので、ご自分での復讐計画に限界を感じた場合は是非ともご相談頂きたく思います。