別れさせたい 友達

友達のカップルを別れさせたいと一言でいっても、その内情というのは様々な心理が働いて別れさせたいという結論に至っているものかと思います。

1.友達が付き合っている相手と自分が交際をしたいがために、まずは別れさせてしまおうという心理から別れさせ工作をご検討されている方。
2.付き合い始めてから友達が悪い方向に染まっていってしまったがために、別れさせて元通りにしてあげようとしている方。
3.友達と自分が交際したいから邪魔な交際相手を別れさせてしまおうというお考えで別れさせ工作をご検討されている方。

このどれもが友達を別れさせたいという結論に至っているものの、それぞれが違う目的で異なったアプローチをもって別れさせる必要が出てきます。

1番のケースであれば友達とその交際相手、自分の三者間において仲違いをさせないながらも破局させ、自分に気持ちを向けていくようにしなければなりません。
これは最も難易度が高いといっても過言ではなく、仮に友達と自分の関係が非常に悪くなっても良いのであれば寝取る勢いで工作を実施していけば良いですが、それで良いとなるお客様もなかなか少ないものです。
ですので関係性を崩さないが別れさせて気持ちを向けさせるというのはバランスが難しく、できる限り長い期間をかけてじっくりと工作を行っていくべきケースと言えるでしょう。

2番、3番のケースというのは前者に比べて非常に難易度は下がってくるケースであると言えますので、私どもも状況如何に関わらず、よくお受けしている事例であったりもします。
乱暴に言ってしまえば友達の交際相手と友達の仲を完全に引き裂いて、連絡はおろか顔も合わせたくないと思うほど引き離してしまえば要件を満たすことができます。
つまりは自分と友達の仲さえ取り持った状態をキープすれば良いだけですから、友達の交際相手を犠牲にできる以上は私どもからしても相当難度が低くなるということなのです。

もちろんこのようなケースたち以外にも、様々なパターンや状況で別れさせ工作をご依頼される方がいらっしゃいますし、そのご相談は後を断ちません。
やはり友達という近しい存在に対して、自分自身で別れさせるよう仕向けるというのは非常にリスクが伴ってくるものです。
それに対して私どもであれば誰がターゲットであっても第三者であることに変わりありませんから、非常に動きやすいというメリットが存在しています。
リスクを取るかコストを取るかというところにもなってきますが、私どもが動くというメリットはご想像以上に大きいものですから、工作をご検討されている場合はお気軽にご相談くださいませ。