復讐代行 成功

1つの事実として復讐代行の成功基準というのは業者によってかなり異なってきます。
単に依頼された内容を遂行することで完了としてしまう業者もいれば、ご依頼内容からご依頼者様の本質的な目的を読み取り、そこも達成することで真の成功とする業者もいます。
言わずもがな私どもは後者でありたいと常々考えており、そのためにもお客様との対話を重んじていますのでお急ぎのお客様など例外的なところを除けばご相談の時間を長く取るようにしております。
やはり私どもも無限の人員を抱えている訳ではありませんから、工作にかける時間も考慮してできる限りの時間を対話に割くというのが現状ですが、それを心がける効果、価値というのは見いだせてると自負しております。

ケーススタディをもってご説明すれば、例えば復讐したい上司が職場にいるとして、その復讐工作をご依頼された方がいらっしゃるとします。
内容を業者任せにすることで合法的に自分が動くよりもリスクを抑えて復讐を実行できるわけですが、その実行内容でお客様が満足できるかどうかも変わっていくものです。
シンプルに考えれば上司をクビにして職場から追い出してしまうことも、上司を降格させて自分よりも下のポジションに追いやってしまうことも復讐工作としては正解だと思います。
しかしご依頼主様が顔も見たくないターゲットとして上司を指定しているのであれば、職場から追い出してしまう方が本質的に正解と言えるのではないでしょうか。
逆に上司に対して惨めな時間を過ごして欲しいと考えていたのに職場から追い出すのは惜しい間違いであると同時に、降格させる流れが理想的と言えるはずです。

同じご依頼の復讐工作だとしても流れというのは幾重にも別れてパターン化され、その1つ1つに違った結末が待っています。
どれもが成功と言えるかもしれませんが、ご依頼主様に取って理想の成功というのはお話をよくお伺いしないことには私どもも見出すことはできません。
やはり私どもも超能力者ではありませんから、お話を重ねることで様々なヒントを拾い、解釈して理想的な工作の流れを構築していきます。
だからこそ対話というのは私どもが重視しているところでもありますし、できる限りお話をお伺いできればと考えております。

全てはご依頼主様が十二分にご満足いただける復讐工作を実行できるよう、単に復讐代行業者の好き勝手な成功ラインで判断しないための運営形態です。
お話されたくないお客様に対してそれを強制するようなことは致しませんが、やはりできる限りの情報を共有させて頂けると良いなとは思っております。