別れさせ工作 カップル

別れさせ工作というのはカップルであろうと夫婦であろうと、拡大的に解釈すればLGBT層のカップルや夫婦に対しても有効なものです。
お客様からのご質問から抜粋すると夫婦の方が難易度は上がるのか?ということを稀に聞かれますが、特に違いというものはないと思って頂いて構いません。
子供や同居家族の有無などはカップル、夫婦問わずあるものですし、あくまで夫婦というのは法的に配偶者としてみなされてるかの違いしか持っていないと私どもは解釈しております。

あくまでも別れさせ工作というのはターゲットに対して別れを決意させるものであって、法的な縛りなどは特に気にするところではないのです。
もちろん夫婦の方が別れるということに至った際に親族などの説得がありますが、そこで揺らぐようでは別れさせ工作として成功とは言えないのです。
しかし考えてみて頂きたいのですが、それをカップルに置換すれば恋愛相談を気兼ねなくする友人からの説得もあるのでは?ということになってしまいます。
要するにカップルであろうと夫婦であろうと別れるという決意をいかに堅くするかがキモであって法に認められた配偶者かどうかは、やはり関係ないという結論になります。

結局のところ別れさせ工作の実施中で前述の点よりも重要なことはなく、残りのファクターというのは結果に向けてスムーズに進めていくための要素でしかありません。
むしろここを押さえておけば、別れさせてからの動きを意識することができますのでお客様の意中を汲むというところが重要になってきます。
何度かお伝えしてるかと思いますが別れさせ工作というのは別れさせてハイオシマイということにはなりません。
何のために別れさせたいのか、別れさせてからどうしたいのかというのはお客様によって意図がまったく異なってきますから、ここをしっかりと明確にして別れさせ工作を実行することでその後がスムーズになります。

単に別れさせるだけなら素人でも不可能ではありませんが、私どもはプロであるという自覚と誇りをもって各種工作を実行しております。
どのような目的でどのような工作をご希望されているかは千差万別ですが、間違いなく共通しているのは何かしらの意図があって私どもにご相談頂いているということです。
それを汲み取りお客様のご満足を得られるよう日々の工作に従事しておりますので、お悩みのお客様は是非私どもへお気軽にご相談くださいませ。