会社 復讐 方法

会社に対する復讐方法というのは、はっきり申し上げてご自分で模索するよりも、その道のプロを頼った方が早い解決を見ることになります。
これは私どもに相談して欲しいということではなく(もちろん多少はその意図もありますが)会社組織を相手に1人で考えても拉致が明かないという状況があります。
簡潔に選択肢を申し上げれば法を味方につけた弁護士を活用して攻勢をかけるか、私どものような復讐屋ないし工作業者を活用して復讐をしていくかという二択になります。

弁護士を活用した方法というのは王道といって差し支えないものですが、必ずしも全ての事例で解決を見ることはないというのもご存知のはずです。
私ども復讐屋の工作を利用するというのは、法に関わらないところまでアプローチが可能ですから、汎用性は非常に高いというメリットがあります。
仮に弁護士が難しいと仰った内容であっても、法曹とは見ているところが違いますので着地点を模索することは私どもであれば可能ということです。

とはいえどちらの選択肢を選んだとしてもご依頼主様が満足する内容で着地することができなければいけませんから、どちらの方が望む結果に持っていけるかで決めると良いでしょう。
私どもに未払い給与の問題解決を望まれたところで「それは私どもよりも最適なところがある」という回答になってしまうのは間違いないかと思います。
しかしハラスメント行為などで証拠も一切が隠蔽されてしまい泣き寝入りするしかないと弁護士に言われるような状況でも、違ったアプローチで私どもは動くことができます。
つまりは前述の通り適材適所があるということになりますし、私どもよりも弁護士の方が良いとこちらが考えれば、それを諭すくらいのことは可能ですから、お一人で悩まずご相談ください。

この手のケースにおいて一番やってはいけないことは1人で特攻してしまうことであり、それは言わずもがな返り討ちに遭うと容易に想像できます。
会社というのは法人格であり、法律で様々な権利が認められた個人よりも強い存在ですから、そこに個人がぶつかっていっても余程の不正などを会社がしていて、その証拠を掴んででもいない限り難しい状況になります。
やはり適材適所のエキスパートを利用することが最も効率的かつ効果的な戦略となりますので、まずは全容をお気軽にご相談頂ければと思います。