彼氏仕返ししたい

ちょっとしたことから大事まで、彼氏に仕返ししたいと思う場面は多々ありますが、どこまでやっても問題ないのだろうという葛藤が常につきまといます。
あくまで「彼氏」に仕返ししたいという心理状況は今後も交際を続けていく、しかし今回のことを何もせず水に流すというのは容認できないという意図の現れです。
私どもから言わせれば相応の制裁はした上で交際を続けることが関係を良好に保つポイントでもあると考えておりますから、ぜひともご自分の思う制裁を行なっていくのが良いでしょう。

しかし自らが手を下してしまうというのは、前述の「どこまでやってもいいか」という心理に代表される通り、交際関係に亀裂を入れる行為に他な いうジレンマがあります。
結局のところ別れたくはないが仕返しをしたいという状態ですから、バランスを保つなにかがないと、そのまま仕返しを実行したところで破局が待っているという最悪のシナリオが訪れます。
だからといって我慢することも容認できない訳ですから、ここは素直に第三者を立てて仕返しするという方策を考えていくべきであり、これこそが今後も円滑な関係を続ける秘策となります。

言葉にすれば自分ができないのなら他人に任せるという至ってスムーズな話になるものの、では誰に?という問題は当然ながら発生してしまうものです。
自らに近しい友人を使えば当然のごとく自分が首謀したというのがバレてしまいますし、赤の他人に「私に代わって彼氏に仕返ししてください」と道端で声をかける訳にもいきません。

このようなケースにおいては2通りの考え方があり、仕返しに対する欲求によって使い分けることが良いのではないかと私どもは考えています。
具体的にいえば、そこまで大きな恨みや仕返し欲がないのであれば、彼氏が知りえないつながりの友人にどうにかできないか相談してみるというのが良いでしょう。
自分が首謀したことがバレる要因というのは自分と友人のつながりを彼氏が知っているからであり、であれば逆説的に知らない友人を頼れば良いということになります。
しかし欠点として実は彼氏とつながりがあったということも考えられますから、同級・同郷の人物は除外しておくべきでしょう。

対してこのまま我慢していては気持ちが暴発して別れる原因になりかねないほどの大事である場合は私ども復讐屋を頼るというのも手です。
どうしても費用が相応にかかることから、今後もなんとか関係を継続したいという方にしかご提案できないであろうというのが現状ですが、私どもは完全に赤の他人ですから首謀者がバレようもありません。
この絶大なメリットを受け取ることができますからご提案としては魅力的ではないのかなと私どもとしても思っていますが、やはり費用面での問題というのもお客様にとっては看過できないことであるはずです。
どの程度まで復讐工作を本気で検討されているか、またどこまで本気で彼氏との関係継続を願っているかによって、ご提案できる内容も変わってきてしまいます。
とはいえご相談・お見積りは無料で承っておりますので、多少なりとも選択肢に私ども復讐屋が入っているのであればお気軽にご相談くださいませ。