復讐代行 絶対

私ども復讐屋が実施している復讐代行業務ですが、特定の人物に対するいわゆる対人行為になりますから、どんな状況においても絶対に成功するという代物ではありません。
物に対して何かしらを行うもの、例えば料理や製造などにおいては絶対ということが成立するものですが残念ながら対人行為はそう簡単にいきません。
これは復讐代行に100%の成功はないという業者側の保険をかけている訳ではなく、どう絶対という100%に近づけていくかを考えていくべきだという話です。
お客様はもとより私どもも復讐代行が失敗という結果に終わってしまっては復讐屋の名折れですから如何に確実性のある方向に進めていけるかというのは日々の課題であり、現場で常に隣り合わせのタスクでもあります。

対物行為であれば極稀に不良品というものがあるものの、返品や交換といった行為により絶対が担保されていますが、人に対するものは替えが効きませんので別の方策を考えていく必要があります。
私どもがたどり着いた答えの1つとしては復讐代行、復讐工作を実行する前の段階で既に100%成功している状態に仕上げておくというものです。
噛み砕いていえば汎ゆる分岐をパターン化し、それぞれの対策を入念に練っていくというものですから、その作業およびターゲットの情報把握は非常に時間を要します。
しかしこれらの要素は時間をかければかけるほど成功率を100%に近づけていけるもので、ある一定の難度の案件においては絶対といっても差し支えないクオリティをあげています。

今のご時勢AIというものが躍進している世界ですから、後々に行動予測をAIに任せて絶対的な復讐代行の成立というものが近い将来訪れるかもしれません。
しかし現実はまだまだAIというものの力は普及しておらず、いずれはAIに任せられるであろうことも私どもは人力で予測を立てているというのが現状になってしまいます。
だからこそ日常的に復讐へ携わっている経験値の差というものは大きく、万に一つも予測外のなにかが起こったとしても臨機応変に対応をすることができるのも経験値の差となります。

とはいえここまで自信があったとしても、やはりお客様に絶対ということはない、と申し上げなければならないのは私どもとしても残念ですが、そこまで言わざるを得ないのが復讐行為であり対人行為の本質であると考えています。
具体的な行動パターンなどというのはケースバイケースですからお客様単位でお伝えすることがまったく変わってしまいますので割愛させて頂きますが、復讐に絶対はありませんが限りなく絶対に近づけることは可能です。
その別の要因として早期のご相談というものがあり、言い換えれば手遅れになる前にプロの手で実施すれば成功率はより100%に近づけるというものがあります。

かなり極端な一例ですが、ターゲットが非常に無防備な状態で過ごしていたのでご自分で復讐をし、それに失敗してしまったため自宅からターゲットが出てこなくなり、周囲と一切の接触をしなくなってしまった。
このような状態で私どもプロにご依頼されたとしても汎ゆる接触ができなくなってしまった以上これは非常に難しい内容となってしまいますが、ご自分で実行される前にご相談いただければ逆にあらゆる方法が模索できたでしょう。
あくまでも例ですので分かりやすい極端なお話ですが、これと同じことを大なり小なりされている可能性がありますから、復讐代行に絶対を求めるということであれば、何かされる前にご相談頂くのが良いでしょう。