復讐方法 安易

復讐方法というのは安易に選んで良いものではなく、大げさにいってしまえば今後の人生を左右するものと思って選定していくことが大切です。
なぜそこまで言えるかというと安易に復讐方法を選んでしまい復讐が失敗してしまうことよりも、周囲に復讐計画が露呈してしまうリスクというものが大きいからです。
あからさまな逆恨みによる復讐という例外は除きますが、恨みを与えた人物というのは罪悪感ではありませんが、恨まれることをしたという自覚が多少なりともあります。
ですので復讐が失敗したことによるダメージというのはターゲットからというよりも周囲から受けることになるという結末になってしまいます。

それだけにターゲットはおろか周囲にもバレない復讐方法をもって恨みを晴らす方向で考えることは非常に大切で、私どもが復讐工作を引き受ける最もこれに重きをおいてる傾向にあります。
とはいえ復讐工作を私ども第三者が請け負うということは、それだけで計画の首謀者を隠蔽することが可能ですから、お客様においてはご依頼された=自分の復讐とはバレないとお考え頂いても構いません。
私どもの組織に限ってということでもありませんが他業者の責任まで負うことはできませんので私どもに限った話として、復讐工作におけるノウハウは豊富に持ち合わせていますからほぼ全てのケースにおいて首謀者の隠蔽ができると自負しております。
安易に復讐方法を選んでしまい今後の人生を狂わせるリスクをなくしたい、ということであれば是非ともご相談くださいませ。

さて話を戻しますが、復讐方法を安易に選定することのリスクというのはターゲット・周囲だけではなく、ご自身由来のダメージというのも存在しています。
人というのは希望的観測をしてしまう生き物で、自分で決断したことに対して余程の不安材料がない限り自信を持つ傾向にありますので、復讐方法を選んだ=この復讐は成功すると確信してしまいます。
不安材料を感じて復讐屋を頼ろうとする方はそれだけでもリスク低減となるので置いといて、そのままお一人で突き進んでしまう方で尚且復讐方法を安易に選んで失敗してしまう計画を練った方というのは不幸な未来が待っています。
前提が失敗する計画ですから、当然ながら復讐は失敗に終わるわけで、そうなってしまうと自らの自信を打ち砕かれる結果となり、心理状況は殊更ネガティブなものになっていきます。
心が常にネガティブで、言い換えれば病んでしまっている方の末路というのは容易に想像できますから、負のスパイラルに陥ってしまえば抜け出すことは簡単ではありません。

このように安易な考えで恨みを晴らそうとすることはリスクにまみれており、復讐方法ならびに復讐計画というのはしっかりと構築する必要があるということになります。
必ずしも私どもを頼らなければいけないという訳ではありませんが、必要かもしれないとお考えになっているのであればご遠慮なく無料相談をご利用ください。
私どもの話を聞いていただいて、その後どうするかご判断頂くということもできますから、どうかお一人で思いつめるということはならさないようお願い致します。