恨みを晴らす方法 意味

恨みを晴らす方法について「これは相手が悪いんだ」などという意味付けをして実行するというのは、あまりお薦めできないことです。
単に自分自身が恨みを晴らすことに必要という大きな意味がありますし、そもそも恨みを与えた原因がターゲットにありますから、無用な他責というのは必要ないのです。
余計な意味付けをしてしまうことによって感情がブレてしまい、復讐の成功率も左右されてしまいますから、特に私どもは余計なことを考えずに淡々と復讐工作を実行していたりもします。
もちろん私どものように他のお客様からご依頼を受けて粛々と復讐工作を実施している復讐屋と、自分自身で恨みを晴らそうとしている方は違うのですが、冷静に恨みを晴らす方法を実行するためには必要なことなのです。

元より恨みというものは原因が相手にあったとしても自分自身が持っているもので、その全容をしっかりと理解できるのも自分自身なのです。
だからこそ恨みが晴れたのかどうかも自分自身にしか分からないことですし、私どもがご依頼を承った際も最終的には「これで恨みは晴れましたでしょうか?」と必ずお伺いすることになります。
恨みを晴らすために最適な方法というノウハウは私どもも相当数に持ち合わせておりますが、結局はお客様の恨みを晴らすためですから実際に晴れたかどうかは私どもとしてもお伺いするしかないのです。

だからこそ恨みを晴らす方法、行為に対して無用な意味付けをしても仕方ありませんから、そこに思考を割くよりも更に完成度の高い計画を練ることに専念した方が得策なのです。
そうすることによって感情も冷静さを保つことができますので、一石二鳥といったところでしょうか。
感情的に行動を起こしてしまうと人間は自分でも予想していなかったことをやりだしてしまいますので、そういったイレギュラーは「計画」とは真逆の性質をもっています。
恨みを晴らすことに関していえば復讐計画から逸脱することになりますから、まさに成功するかはギャンブルという状態になってしまいます。
ですので私どもは復讐工作を実施するさいに感情を排除して臨みますし、そうした方がお客様のためにもなるといったところです。

恨みの感情というのは文字通り感情ですのでご自分の心内から全て排除するのは難しいことだと思います。
しかし復讐の実行には妨げとなってしまうジレンマがありますから、できる限り冷静に行動されることをお薦めします。
どうしても冷静になれない、もしくは恨みを晴らす方法がご自分では分からない、といったことは私どもが解決の手助けをすることができますので、お気軽にご相談くださいませ。