恨みを晴らす

恨みを晴らすと一言でいっても、その原因から経緯、最終着地点となるところはお客様によって千差万別です。
あるお客様が恨みをはらすことができた手法をそのまま別のお客様でも通用するかといえば、まったくそういうことではなく過去の実績はあくまで工作のスムーズな遂行を下支えする経験値であることが多いものです。
もちろん似たようなケース、事例を引っ張り出して概ねどのような工作をすればよいかという知見はありますが、適宜カスタマイズしていかなければ意味がなく、開示している事例の多さ=信頼度という訳でもありません。
私どもはあくまでお客様一人ひとりに対して、それぞれが恨みを最大限に晴らすことができるようお助けするための組織ですから、過去の事例は多けれどお客様からすれば赤の他人の出来事である、という見方です。

そもそも恨みを晴らすというのは、お客様が恨みを抱えることになった原因となる人物、出来事に対して精算を行なうことによって恨みの感情がなくなるということになりますから、過去の事例と完全に一致することはありません。
仮に同じ相手を二度恨むことになったとしても、それぞれの恨みは程度が全くことなるため、同じ人物が同じ相手に恨みを抱いたとしても同じ方法で解決できるとは限らないということになります。
それを考えれば如何に過去の事例というものが参考程度であり、ご自分のケースでそのまま流用できるものではないということがご理解できるかと思います。

あくまで恨みは各個人が抱いているものであり、恨みの相手も各個人となり、人の性格や生き方は千差万別ですから一致のしようもありません。
元より多くのお客様が恨みを晴らすためにどのようなことを期待されているかというのは、予め決まっているものであり全て未定の状態で「ただ憎い」とご相談されるお客様は多くありません。
もちろんそのようなお客様に対しても「我々はこのようなことができます」と選択肢をご提示することでお話を進めることは可能ですからご安心頂ければと思います。
話を戻しますが、おおまかに私どもはお客様が既に期待されていることを実現するための組織と形容しても差し支えないかもしれません。
当然ながら法に触れる行為をおこなわないと実現できないことというのは、申し訳ありませんがお断りしておりますのでご容赦くださいませ。
法に触れないで実現できることであれば、私どもには相応の用意がございますから、お気軽に無料相談窓口までご連絡を入れて頂けますと幸いです。