仕返し 会社

会社に対する仕返しについて、適正な役所に連絡をすれば制裁が始まるとお考えの方が多いですが、これは正しくもあり間違ってもいたりするものです。
必ずしもこの選択肢が正しいとは限らないということですが、これは自らの心理状況、つまりは恨みの感情の解消法が役所に連絡をして制裁することだとは限らないからです。

役所に連絡をするとなると、候補となるのは労働基準監督署、保健所、税務署あたりになり、そのうち労基がもっとも候補として挙がるところになってきます。
やはりサービス残業が常態化している日本において労基署ほど連絡のしがいがある役所もそうはないでしょう。
保健所は飲食業など監督を受けている場合に適正となり、税務署は税制において何かしらの不正を掴んでいる場合に選択肢となります。

さて、適切な感情の解消法についてお伝えする前に、これらの役所への連絡における盲点をお話しますと、匿名で連絡をしたとしてもある程度の確率で身元がバレる可能性が存在します。
バレてしまう流れというのは多種多様なのですが、もっとも分かりづらい点として役所と会社上層部が懇意にしている場合が挙げられます。
内部告発というのは身元の秘匿が保証されなければならないものですが、名前を出した時点でバレる、出さなくてもバレる可能性があると考えたほうが良いでしょう。
それを踏まえた上で、適切な感情の解消法についてを考えていきたいと思います。

まず今の会社をやめるかどうかをご判断いただき、やめるつもりであるなら法に触れない範囲でご自分の好きな振る舞いをして問題ありません。
自分の好きにする=自分の感情を満たす行為となりますから、それが恨みの解消法であり後は成功するか否かの話になっていきます。
それに対して会社をやめずに仕返しを考えているのであれば第三者の力を借りる必要が出てきます。
どうしても身元がバレる可能性を排除することはできませんから、バレる前提でバレても構わない人物に動いてもらうということが基本となります。
私ども復讐屋であればご依頼主を秘匿することを保証できますし会社に漏らすメリットがありませんので担保はあるでしょう。
弁護士などの法曹になってくると、横のつながりがありますから絶対に安全とは言えないものの会社と繋がりがない人物を頼ることは可能です。
また会社と関係性がなく、かつ自分との繋がりも周囲にバレないような友人であれば、これも動いてもらう候補の一人となるでしょう。

結局のところご自分が計画したとバレないように仕返しするための人選であれば良いということになりますので、状況に合わせて適切に選択していくと良いでしょう。
もし私どもの力が必要な場合は全力でお力添えしますので、どうぞお気軽に無料相談をご利用くださいませ。