仕返し方法 復讐方法

仕返し方法と復讐方法というのは、お客様からすれば同じものと解釈して頂いて全く問題がありませんが、私どもから見ると似て非なるものという解釈になります。
簡潔にいえば恨みの度合いが違うので復讐であれば、より込み入った工作を行なって恨みを晴らして頂くという形になりますし、もっと細かい点の違いもあったりします。
が、結局のところどちらも恨みを晴らせればそれで解決ということには変わりありませんから、仕返し方法であれ復讐方法であれ晴らすべき恨みを晴らそうという方針で問題ございません。

言葉の起源からすれば仕返しも復讐も「誰かに何かをされた報復」という立ち位置にいますが、実際に取る行動というのは大きな違いがあるはずです。
やられたらやり返すという精神は仕返しに近く、受けたダメージと同等のものを返そうという方針で何をしようか考えるのが仕返し方法になります。
それに対してやられたことの報復として全くべつのことや、より大きく返そうという方向性になるのが復讐方法で、受けたダメージも大きなものであるからこそ返すものも大きくなります。
これらはご本人のキャパシティに左右されるものですが許容量が小さいからといって何か悪いということでもありませんし、恨みは大であれ小であれ晴らすべきです。

別の方向から見てみると、仕返し方法レベルの行為というのは相手が気づかずとも何かしらのネガティブな行為をターゲットに対して実行するだけでも成立する傾向にあります。
よくある旦那や嫁に対してコッソリと何かをやるというのは当然ながら相手が気づいておらず、しかし何かしらの行為はありますから、それを実行したということだけでスッキリとします。
ただし仕返しを繰り返してしまう、つまりは収まりがつかない、恨みが晴れないというのは最早仕返し程度の行為では解決していないということの裏返しですから、次のステップに進むべきです。
自分自身の精神状況というのは自分がよく分かると思われる方が多いですが、実のところそうではなく解決しない行為を繰り返している時点で把握はできていないのです。
ですから何かしらの仕返しをしているのに、いつまで経っても気が晴れないとお考えの場合は、しっかりと復讐をしなくてはいけないというのが多くのケースに当てはまります。

もちろん復讐をご自身で実行されるのも、私どものような復讐屋にご相談頂くのも自由ですが、ターゲットが近しい存在である場合は、できれば復讐屋までご相談頂くことをオススメします。
なぜならばパートナーや家族、同僚などターゲットとなる人物とご自身の距離感=復讐のバレやすさということになりますので、自ら実行するだけでリスクが生まれてしまうのです。
とはいえ必ずしも危惧すべきリスクがあるとも限らず、逆にかなり警戒すべきリスクがあるケース、どちらもケースバイケースというのが実際のところです。
どこまでリスクを注視するかもご自身のお考え次第となりますので、気になる場合はぜひ私どもの無料相談窓口までご相談頂けますと幸いです。